女遊び

楽しい性的時間を過ごすため/その2

前回は男性と女性とでは性的なものに
関しての感覚は違う

そしてそれから考えていくと私たちは
女性のタイプで避けるべきタイプが
分かってくるよねという話でした

前回は潔癖女性は最も性的な時間を
楽しむことから遠いというお話でした

他のタイプとして考えてみると

・不安や心配症な人

これも性的な時間を楽しむという意味では
適していないです

なぜならば、これは性的な時間を過ごす
初対面であるという点から考えていけば
分かるのですが

そもそもインターネットで接点を作る時に
不安が強かったり心配性な人は
まずその行動に出れないです

行動に出たとしても、安全でポップ・健全な方向で
動くとなります

つまり一緒に飲みに行こうであったり

知り合ってとりあえずは何回もコミュニケーションを
取ってから時間をかけてやっと会う

という展開を望む女性になるわけです

なのでこういった女性も私たちの活動
性的なものに焦点を絞ってる活動上では
全然ターゲットとなりえないんです

これはコミュニケーションを取ってたら分かります

この人はちょっと強すぎる不安や心配症だな
と思ったら話が全然進まないんです

そもそも性的なものをテーマとした場所には
基本的には存在しているとおかしい存在なんです

(でも結構いるのが不思議です
なぜこの場所に、そういった要素を抱えている
女性がいるのかが良く分からないです)

属性が絞られていないような
場所で活動していると、そういった女性も
混在してしまって

こういったことが分かってないと

そういった女性に向かって一生懸命
アプローチすることになってしまうんです

そうすると私達男性の目的と女性側のタイプが
全然マッチしていないことになるので
私たちにとってみると時間がかかってしまう

思ったような展開になりづらい女性だってことに
なるわけです

また別のタイプとして

・共感性のすごく低い女性

というのも私たちのターゲットとしては
相性が良くないです

共感性が低い人はどういった行動に
出やすいのかと言うと

自分がしたいことだけを手に入れたい

自分が望んでいるものだけを手に入れたい

という考え方になるんです

そうすると私たちが望んでいる物が
女性にとってみて不都合であれば
一切それに対して対応しようとしないんです

自分が必要・欲しいものだけ手にしたら
とっとと帰るみたいな感じになるので

こういった女性が例えば二人でホテルに
入ったのに帰るというような行動に出るんです

これは男性からしてみるとものすごく不思議
なんですけれども女性側からしてみたら
自分が欲しいものだけ手に入ればいいんだし

気分が乗らなかったら
それは私が気分が乗らないんだからいいんじゃない
ってなるわけです

そこのベースにあるのが

この共感の不足なわけです

これはコミュニケーションを取っていると
また同じようにわかるんです

自分の望んだこと以外は全然受け入れようと
しないんです

折り合いをつけようという考えが全然ないので

それが事前にコミュニケーションの中で
分かれば避けたほうが良いのです

インターネットを通してやり取りを
してれば、そういった性質はやり取りの中にも
良く表れるので分かります

そういった女性は事前にカットするわけです

このように女性の性格やタイプなどを見ながら
この女性はこれ以上話を進めても
しょうがないなー

って思う女性が分かってくるので
そういった女性を省くようにしていくと
私たちはよりコストを下げて
労力を下げて

私たちが望んでいる女性だけが要領よく
手に入るようになるんです

この順序が大切です

自分の目的に合った女性を選ぶというところです

そのためには自分の目的に合わない
相性の悪い女性はどういった女性か

ということを理解していけば
私たちの活動自体の精度がより高くなってくわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER