印象

印象作りについて/その2

印象というのはその人が何気なく
発信しているものからも得られるもので

はい、ここを見てください
これが私の印象ですよ

っというふうに自分がきっちり用意している
ところ以外からも伝わってしまうものなんです

自分でふっと自然体になっている時の
表情・言動なんかで、その人のキャラクターや
印象というものはだだ漏れになるんです

例えばみんなの前ではすごく明るく笑顔で
接しているけれども

みんなの見えるところ以外の場所に来た時に
表情が変わってすごい冷たい表情になる

でも自分自身としてはこの印象については
見られていない・知られていないと思ってるんです

なので自分としてはいつも通りの
明るく親切に振る舞っている自分だとして
みんなが認識するだろうと思っているんです

けれどもその油断した
そのふっとした表情っていうのは結構
見られてるんです

でも自分では見られていることに気づかなくて
まさか自分は本当はすごく冷たい人間だとします

でもそれは一切バレてないって思うんです

けど結構バレてるんです

特に何回かは継続的に接する機会が
ある人にはばれます

自分を偽っている人
印象をコントロールできると思ってるんですけど
そんなうまくいかないんですね

なぜならば人は自分自身が準備していない時にも
見ているものだからです

見られているタイミングは
こちらでコントロールできない

だからいつ見られているかは本人には分からない
ものだったりするんです

つまり結局自分の印象というものは
偽ったものをうえつけようとしても
上手くいかない・バレやすいわけです

ではどういったことをやると有効なのか

と言うと印象として考えていくときに
まず抜けがちな部分というのは

例えばヘアースタイルであったり
眉の形などにはある程度の人は
意識を配れたりするんです

ここで決定的に抜けがちなことというのが
先ほどお話ししたように

ふっとした瞬間に出てしまう自分の素の部分
自分の素の表情なんです

この表情について意識が少なくなっちゃう人が
多いです

表情によってめちゃめちゃ印象って変わるんです

例えば笑顔が心底出ている表情が多い人は
やっぱり優しくて明るい人

っていう印象を持たれるんです

でも先ほど出たように本人の本心とは全然違う
表情を出している人

人前では明るい人に見せてる・
偽りの笑顔出してる人は
ふっとした瞬間に本当の自分の表情が
出ちゃうわけです

ではその表情というものをある程度無理なく
コントロールするにはどうしたらいいのか

と言うと結局はその時の感情を良いものにする

っていうのが基本的な対策になるんです

例えばその場にいる時
心から楽しめていて自分も楽しもうと考えている時は
自分の感情自体が楽しい状態なので

その感情が続く限り、気を抜いている時でも
楽しい感情が最前線に立っているので

気を抜いた時も楽しい感情ベースの表情で
いられるんです

なので気を抜いてる時を見られているとしても
他の人から見たら楽しそうな雰囲気の表情を
してる人になるんです

そうするとその場所にいる時を通して印象というものは
プラスの印象保てるわけです

でも実際のところは全然楽しくなくて
早く帰りたいなって思っている感情であると

ふっとした瞬間にそれが思いっきり
表情に出ちゃってるわけです

なぜならば感情自体が全然ネガティブな感情を
抱えているので気を抜いた時には
それが思いっきり出ちゃうわけです

なので印象で与える時に大切で抜けがちな
ポイントは表情で

表情というものはその時の感情に大きく影響を
受けるので自分を楽しい状態に持っていく
っていうことが基本的な対策になっていくわけです

そうすると気を抜いた時でも自分が
意識していない時でも自分の感情が表情に
出ているので全体を通してポジティブな
印象が与えられるわけです

ではもう少しテクニカルな部分について
次回お話ししていきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-印象
-, , , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER