印象

印象作りについて/その4

前回はいかに人間の判断印象付けというもの
がアバウトなものなのか
ということを話しました

同一人物でもその写真を写す時の様々な要素により
別人に見えてしまうものなんだ

というお話でした

そうすると考えられる中で最も
最悪な自分の写真の撮り方は

背景も何もない薄暗い部屋で
顔を下の角度から肉がたるんでいる
ような状態に見えちゃう写真を撮影して
それを女性と接点を作る場所に上げる

ということです

これがおそらく、最上級にかっこ悪く年齢を感じさせて
暗いイメージでを与える最悪の写真に
なるわけです・・・

で実際に接点が作られるような場で
使われている中年以降の男性達の写真を見ると

いかにこういった取り方をしている
男性が多いかっていうことが分かって

印象として絶望的だなってなるわけです

戦略的に考えることの重要性について
意識している人間から見ると

考えられる中で最悪の印象を与える写真を
わざわざアップしてるな~って思うわけです

じゃあなんでそういった写真を選んでしまうのか

と言うとまずこのように人間に与える印象
についてそんなにこれまで考えてきてないわけです

特にこれまで新しく接点を作る

という活動を行ってこなかった場合で
いつのまにか自分が年齢を重ねてしまい

そこからインターネットというものが普及してきて
自分でもインターネットを通してならば
女性と接点を作る事はどうにかなるかな

と思っている中年以降の男性たちは
自分を新しい女性達の前にさらす

という経験がないので、その点について
考えてこなかった

実際に自分を多くの女性の目にさらして
いったいどういった評価をされるのだろうか

そしてその反応を上げるために何をしたらいいのか

ということを考えてこなかった

という面もあるわけです

意識してこなかったら

一体ポイントポイントによってどういった印象が
与えられるものなのか

ということが分からない

そしてもう一つ自分自身のそこにある写真を見て
どこに問題があるのか

ということを考えてこなかった

今目の前にあるその自分の画像によって
どういった印象が与えられるのだろうか

これを考えてこなかったわけです

なのでいったい何をすればどういった印象が
与えられるのか

この写真からはどういった印象を与えてしまうのか

ということを考える機会がなかった

ので、そもそもその画像に対しての感度が
限りなく低い状態だと考えられるわけです

それともう一つ

人間の基本的な性質である

考えたりそこに手を入れたりするの面倒くさいな・・・

このままでどうにかならないかな・・・

という考え方もあるわけです

でこれらの一連の流れから分かることは
このような状態で女性に印象を与えていると

その後一切が繋がらない

ってことも分かってくるわけです

インターネットで活動する場合は
言葉が印象づけるための最大のポイントに
なりますが

しかしそれと同時にそこで発信されている画像が
一定以上の基準をクリアしているということが
最低限の条件になるんです

でもこの点についての感度が限りなく低い場合
そこについての問題点が全然分からない

結果的にその先につながらないとなるんです

では、各ポイントってどんなポイントがあるのか

次回へ





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-印象
-, , , , , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER