心理

ある行動でドタキャンが少なくなる理由

遊んでいくという前提で問題になってくる事の
一つとしてドタキャンがあります

ドタキャンの確率を下げるためには
どうしたらいいのかと言うと

ある大切な要素があるんです

私はこれを要素を入れない活動はしない
ようにしてるんです

なんでかと言うとこの要素を入れないと
ドタキャンする確率が非常に高くなるからです

なので私は意図的に組み入れているんです

ではその要素がどういった要素かと言うと

私たちが約束を守るであったり
その約束を覚えておく
守ろうという気持ちにさせるための
第一段階としてこれがないと駄目だ

というのは

自らコミットしてもらう・行動をしてもらう

女性側の方に何かしらのアクションを
やってもらうわけです

例えばこっち側からどんどん積極的に
働きかけてって多少強引で流れを作って
約束を決める場合

というのは凄くその後ドタキャンされうる確率が
高くなるんです

それは何でかと言ったら女性側からの
コミットを引き出してなく
こちら側からの押しで流れが決定されて

はい

と言ってしまった場合

そうすると後日その気持ちというのは
変わりやすくなるんです

自分でその予定を決定したんだという認識
がほとんどないからです
関わっているという感覚もほとんどないからです

なのでいかにコミット・自ら関わっていくんだ
という感覚を持ってもらうのか

その場所に行くという気持ちを高めるのか

というのを考えるのが必要で
その第一段階が自ら動いてもらう

ってことになるわけです

つまり相手側から連絡をさせる
その行動取らせるって言うことが
非常に大切になってくるわけです

次、考えることは自ら連絡をするぐらいに
興味のある内容を立てないといけない

という課題が出てくるわけです

でこの課題が解決したら次考えるのは
そこまで興味がある分野ってどういったものが
あるだろうかというふうに考えていくわけです

こうやって順序立てて考えていくことで
ひとつの全体の活動の形が作られていくわけです

ここからさらに、ドタキャン率を
減らしていくってなると他の要素も
必要になるんです

最も重要な要素となるのは

その人の信念に関わることを事前に引き出して
了承してもらう事ができると
ドタキャンっていうのはされなくなるんです

けれどもこれっていうのはなかなか最初の段階で
一連の流れとしてやるのは無理なので

(というのもテンプレートとしては作れないです
なぜならば信念というのは個人個人によって
どこにあるのかがわからないからです)

コミュニケーションを取っている間で相手側の信念に
関わる部分をうまく引き出して
約束をするという形が取れれば

ドタキャン率は劇的に低くなって

これがおそらく最もドタキャン率を下げる
方法なんです

でもこれというのは時間と手間がかかる事
なので、難しいので手間・時間というコストを
下げる場合は他の方法で代用しています

その方法は何かと言うと数日前に連絡を入れて
こちらは時間を割いて楽しみに待っている

という情報を再度、相手側に認識してもらうことです

そうすることでドタキャン率というものは
下がります

そういった点から考えていくと

どういった行動をとると、最もドタキャン率
が下がるのかと言うと

まず最初に女性側から動いてもらって
コミュニケーションを取っている間に
信頼関係のようなものを築いていく

その流れの中で信頼しているということを
女性側に伝える

基本的には人間の中には信頼されたら
その信頼は破れないという信念が
大体あるものなので
信頼が大切な要素になりがち

さらにそのドタキャン率を下げるために
事前の連絡を入れて行動を軽く促す
約束の再確認をさせる

女性の中での意識を強めるというために
連絡を入れるわけです

ここまでやると普通に何もしないのに比べて
ドタキャン率はかなり低くなります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-心理
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER