Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

すぐに入れ食いになる人とならない人

具体的にどの場所でどういった活動すると
入れ食いになるのか

と言う考えはほとんどの男性が
持っていると思うんです

でもほとんどの人がそれを
再現できないわけです

じゃあ、そんな方法が存在しないのか

と言うと存在しているんです

ただそれは人によって
それを知ることによって再現できる人

再現できない人がいるんです

その具体的な方法を知ることによって
みんな同じように結果が出せるのか

と言うと

その人が今どの位置にいるのか
(対女性への対応力)

で全然違うんです

目先の成果・メリット・快感をほとんどの人が
手に入れたいと思って行動します

で、それを知ったとしても
全然うまくいかない人も多数いるわけです

ここで考えることは

そんな方法はやっぱりないんだ

じゃないんです

今自分はどの段階にいるのということを
考えないといけないんです

目先のことに集中したり
目先のことをやることで成果が出る
こともありますが

多くのケースで、そのもっとバックヤードが
仕上がっていないことが非常に多いわけです

例えばここにある程度仕上がった
テンプレートがあるとします

それを自分なりに自分の状況に合わせて
組み立て直して自分なりの
言葉に入れ替えて女性にアプローチを
することで反応が出るとします

さてここからが問題が出てくるんです

女性に興味を持ってもらって
女性側がアクションを起こす

ここまでは例えば私のように専門的に
活動している人であれば

女性から反応がある形は作り上げることが
できるんです

しかし、こっから先は個人個人が
持っているコミュニケーション能力
であったり

言葉を使っていく能力がストレートに
表現されることになるんです

例えば女性とコミュニケーション取るのが
普通に行えてる人から見ると

そんな男性いないでしょ

って思うかもしれないのですが

現実問題まだ接点が作られて間もないのに
いきなり女性に

「何カップあんの?」

とか

「人恋しいんで慰めて下さい」

とかこんなことを平気でやり取りの
2ターン3ターン目とかで発信しちゃう人が
いるんです

そうするとその人がやるべき事って
具体的に女性から興味を引いて
性的関係になるために・・・

とかいう、そういう段階にないんです

やるべきことはまずもっと簡単な部分

女性とメールないし SNS でもいいんです

で直接やり取りをして女性と
継続的に連絡をやり取りができる

っていう状態を徹底的に作りこんでいく
必要があるんです

つまりその人の現状によってインターネットの
どこで活動したらいいのか

というのはそれぞれの段階に応じて
適切な場所っていうのがあるんです

これを無視していると全然活動が
上手くいかないんです

今自分はどこに問題を抱えているのか

そして全体の活動底上げするためには
どこに着手して行かなきゃいけなくて

じゃあ必要となる活動のテーマは
一体自分はどこなんだってことを
考えないとずっと空回りして
しまうことになるんです

インターネットでの女性獲得活動の
ベースは女性とスムーズにやり取りが
できて女性が楽しく感じられる
ようなやりとりができるところが
基本中の基本です

女性とのやり取りの2ターン3ターン目
ぐらいで何カップって聞いちゃう人は
自分のことを中学生レベルの
対女性コミュニケーションぐらいしか
取れない人間だ

ってことを自覚して活動する場所を
選択しましょう

じゃないと結果成果って

絶対出ないっす





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2020年9月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:モテない理由

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ