Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

より活動を自分のコントロール下に置くための数字の取り扱い方/その3

ある程度以上自分のコントロール下におく

この大切さがわかるようになると
何がいいのかと言うと

例えば初心者の場合

女性獲得活動を十分には
やったことない人っていうのは自分が

活動していて一週間活動したけど
成果がゼロだったら

これじゃだめなんだ・・・

って思っちゃうんです

でも数字として分かっている場合

一週間ダメでも一ヶ月通して
このぐらいの活動量をすると
結果的にこれぐらいの数字が
ついてくるよね

ってのがわかってるので、いちいちその心配を
することなく淡々と同じことを
繰り返していくわけです

そうするとダメかもっていうような
ネガティブな心になる必要もありませんし

無駄なことを考える時間が
カットできるわけです

こういう風に一つの活動をどんどん要領を
上げていって、ある程度の期間活動することで

その結果が数字として
ある程度まとまって
くるようになるわけです

今の自分のこの表現であったり
自分の用意しているものから出る結果は
だいたいこれぐらいだよ

ってことが分かるようになるわけです

例えば私は/ナ/ン/パ/活動している時から
大体それを考えるようにしていて

/ナ/ン/パ/活動の場合は自分の年齢とともに
どんどん数字は変わっていったのですが

スパンで見たら例えば今年一年を通して
だいたいこれぐらいだろう

というのが分かるんです

そしてこの季節ならばだいたいこのぐらいの
時間を使うことでうまくいくだろう

ってのも、ずっとやってると数字として見て
分かるようになるわけです

そうすると

例えばこの季節でこの天候の時は
ほぼ今までの結果から見て結果は0だから

ここに1回に8時間とか10時間使うのは
やめようかって相方と話しして止めたりも
するわけです

(ちなみにこれはだいぶ活動に慣れてきて
女性からの反応も落ちてきた
/ナ/ン/パ/活動の後半の頃の話です)

こうやってなるだけ数字として正しく
見れるようになると活動の効率って
すごく上がりますし

自分が何か新しく着手して全面的に
新しい形に変えていくときにも

反応率がどれぐらい下がったのか

もしくは反応率が上がったのか

ということも分かるようになるんです

例えば一つのテーマで活動していて

新しい切り口の女性を誘っていく企画を
自分に身につけたいなと思ってやっていて

ある程度形ができたなって思った時に

AとB

どっちの方が活動としての要領がいいのかな

ってことも分かるようになるわけです

さらに自分のその時の気分に合わせて
活動も選べるようになるんです

例えばとにかく今月は時間に余裕あるから
質よりも量があった方が楽しめるかな

次の月はちょっと時間的な余裕ないから
質を求めて数を減らそうか

だったら
こっちの活動の方が向いているかな

っていうふうに自分でチョイス
できるようになって自分の都合によって

女性の量か質

も選べるようになっていくわけです

体の活動は女性の数が集まるけど質は普通

Bの活動は女性の数は
集まりにくいけれども質が良い

みたいな感じです

その時に大切になるのは数字として
だいたい感覚的に自分で理解しておく
ってことになるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2020年9月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ