Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

より活動を自分のコントロール下に置くための数字の取り扱い方

自分が活動して行く時にインターネットで
活動する場合は数字というものを
見れるようになると自分の活動が
コントロールしやすくなります

数字でこれをやるとダメだよ

という典型的なパターンはその数字を
単体で見るっていうことです

これが数字が見れない人が犯しがちな
典型的なミスなわけです

典型的なのは私たち最近も経験した通り
コロナです

コロナでは単体の数字だけが
流されるわけです

(コロナは大したものではないという話
ではありませんので、あしからず)

例えば感染者数が1000人超えた
と大騒ぎするんですけど数字単体はあまり
参考にならないんです

でしたら100万人あたり何人死亡している

そしてそれを世界各国のものを
時期を合わせて提示してくれると
どれぐらい自分の国へ脅威があるのか

などがある程度わかる

などのように比較になる数字と合わせてみる
というのが数字を扱っていく上で
めちゃくちゃ大切なんです

実はこれってただの算数なんです

でも世の中では

それが出来ない人が多数派だってことも
分かってるわけです

なので私たちは数値を扱う時は
そんなに物理とかそういったものが
できるようになる必要はなくて

とりあえずは
簡単な算数ができるだけで十分なわけです

では具体的にどういったところを
女性遊びをしている上で数字で見て
行かなければいけないのかと言うと

私たちは自分の持ち時間というのは
決まっているわけなんです

なので自分が作業をするのに無尽蔵の時間は
投入することができないです

そうするとやるべきことは分かってきて

例えば一つの場所で活動をして

女性とコンタクトを取るようになって

実際に会って自分の目的が性的なものであれば
その目的は達成されるまで

いったい自分のやり方だと
どれぐらい時間かかるの

っていうのを、だいたい感覚でいいので
数字を出すようにしたほうがいいです

そうすると一つの目標達成までの
大体かかる時間が分かってきます

(正確な数字は出せないので
ざっくりでいいんです)

そしたらそこから効率化を図ってくんです

例えばただ雑談を話す

っていうところからスタートすると

トータルに2ヶ月かかって
それでやっと成功した

ってなると、そこに使われる時間量は
多すぎるって事が分かるわけです

まずはこれは本当に基本的な最初にやるところです

これが分かってきたら

これは短縮すること出来ないかな?

って考えるわけです

そしたら最初っから目標を決めた活動する

漠然と雑談からスタートするんじゃなく

一緒に何かやろうよ

っていう方向に持っていく

そうすると時間が一気に半分に
短縮されるかもしれませんし

場合によってはもっと短くなるかも
しれない

じゃあ、ここで問題点はどこだろう

と考える

そしたらもうちょっと簡単に接点を作れる
女性の数を増やしたい

そうすると利用する場所を二つの場所に
すれば、同じ活動をするとしても
要領が一気に2倍になることが分かる

じゃあこれを3つの場所にしたら

そう3倍になる

こうやって考えていくと最初2ヶ月
かかっていたものが10日で目標まで
達成できるようになる

なんていう形が作れていくわけです

ではそこからさらに進化させていくことを
考えるんです

それはより自分のコントロールができる形に
持っていくために、より正確に数字を
見ていくってことをするわけです

ではこのより数字を見ていくパターンに
ついてお話ししていきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2020年9月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ