Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

自分の女性活動スタイル・遊びを決めていく際の核

※話を聞くと「知ってるわ」ってなると
思うんですけど、改めて自分の活動が本当に
そういった形になっているのか
をチェックする気持ちで読み進めてください

自分の活動のスタイルを決めていく際の
核にある大切な考え方について
お話ししていきます

私たちが何を選んで楽しんでいくのか

ということを考える時には

この点をよく考えると自分の取り組む活動で
芯を食ったものを決定しやすくなっていきます

それは自分が生活をして行く時に

「これと共にだと一緒に生きていくことができる」

というポイントよりも
もっと意識を向けるべきものに当てます

「これ無しでは生きていくことができない」

という点に意識を集中させることが大切になります

これはよく自分の中で考えて抽出してください

私の場合、これがないと絶対に生きていけない
というのはすぐに出てきます

それは「自由である」ということです

これがないと生きていけないです

例えば毎日決まった時間までに遠くの場所まで行き
そこから帰ってくるということを
義務づけられたら

私は生きていくことができません

これが決定された段階で生きていくことに
絶望します

それぐらい大切です

だから異常にこだわりますし、それを脅かす人とは
鬼のように距離を取ります

そこからいろいろなものを組み立てるようにします

これがベースにあるので
自分の遊び方で色々と芯を食っている
遊び方を選ぶことができます

例えば女性が相手の遊びの場合

自由でいさせてもらわないといけないので

継続的に

月に2回は会う

ということを求められるような関係であったりは
ものすごく自分の遊びとしては
向いていないわけです

そうすると遊びの方向性が決まってきます

一期一会の方が都合がいいわけです

(ここも一期一会がいいわけではなく
私の場合は自由でいる事が最も重要なので
そういった選択肢になる

定期的に会うことが向いている人も
当然いるわけです)

その日を最大限に楽しく過ごして

その後、何も縛られるものがない方が
助かるわけです

そして自分にとって必要ではない
女性との付き合いを増やすこともないんです

では、他の健全な遊びの場合

定期的に決まって集まらなければいけない
という内容の遊びも向いていない事がわかります

そうすることで定期的に会う関係
というものが合っていない
ということがわかります

さらにチームスポーツなどの遊び方も
あっていないということがわかります

これは後から分かった事なんですが
部活とかが合わないなと思っていて

スポーツは好きなのに、なんでだろう?

と思ってたんです

個人スポーツに変えたとたんに
没頭できるって事が分かりました

ベースにあったものは自由だったわけです

これを中心に考えただけでいきなり
そのスポーツに没頭できる

これはまだその当時気づいていない
自分には意外なことでした

毎週決まった時間に集まって
決まったことをやる

ということもできないということが
分かるわけです

そうすると自分にとって最適な遊びの
成立のさせ方がわかってきます

連絡が回ってきて

行きたい人だけ行く

というような遊び方が向いている

ということも分かってきます

そうすると自分から遊びの発信する場合も
都合が良い・気分が乗る人だけ集まって
くれればいいかな

という遊び方になるわけです

「これ無しでは生きていくことができない」

というところに最大の焦点を当てるようにすると

「これと共にだと一緒に生きていくことができる」

という焦点よりも、より自分がやることの
快適さ・情熱度が上がっていくんです

自分の生き方・選択にすごく納得いくように
なってきますし、しっくりくるんです

それは最大に大切なポイントに焦点を
当てて決めているからです

これしか選べないんだからしゃーない
っていう諦めがつきますし

覚悟ができます

結果的にいま自分がやっている活動は
なくてはならないもの・必然的に選択しているもの
だなってことになるので

自分自身で考えても
自分の今やっていることにものすごく納得が
いくようになります

そして自分の適性にめちゃめちゃ合っているので
いつまでもその活動をやっていく事になるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ