人間メカニズム

人間は原始、乱交であった/その4

今日は利己的な目線での話をして行きます

私達は女性遊びをしたいって思っているのですが

自分の大切なパートナーにする場合は、
こういった活動で接点を作られる女性では
好ましくない女性だと思ってるわけです

ここはめちゃくちゃ自分中心の考えだなとは
思うわけですけど、男性はどうしても
こういった考えを持ってしまう性質を
持ってるんです

それはまず第一に男性は実際に子供ができた
としても、それが本当に自分の子供かどうかは
分からないんです

なので長期的な関係になっていく女性側には
倫理観が高いや理性的である要素が
強めの女性を望んでしまうわけです

でも、またそれと別の面で、私たち男性の
遺伝子情報の中には、多くの女性に自分の種を
ばらまけっていう命令がある

なので結果的に自分は女性遊びしたいな

でも長期的な関係になる女性には誠実性を求める

ってなっちゃうんです


ここにめちゃくちゃな矛盾が生まれるんですけど

ここで私達は考えていく事っていうのは
自分の都合で一人の女性を多くを叶えてくる
相手として認識しないって事です

なぜならばまず人間には性質があるんです

これは後天的に決まっていくところも
あるんですけど、多くはすでに生まれた段階で
決まっているという面があるんです

例えばどうしても長期的な関係が築けない
どうしても他の異性に興味を持ってしまう

というような性質を持ってしまっている

生まれた段階で、ある程度の傾向は
決まっちゃってるわけです

もちろんそれが後天的に育ってきた環境であったり
友達の影響によって変わっていく事も
あるんですけれども

でしたら私たちはパートナーを選ぶときには
最初っから倫理観や誠実性が高い女性を
選んだ方がいいわけです

遊ぶ時には倫理観や誠実性の低い女性を選ぶ

という、まぁめちゃくちゃ利己的な話し
してるんですけれども

この手段を選択すると、自分の女性関係は
うまくいきやすくなるわけです

私がすごい避けた方が良いと思ってんのは
自分の好みとか・自分の欲望を長期的な関係を
作っていきたいと思っている女性に
押し付けるという活動です

なんでそれはやんないのかと言うと

結局、倫理観や誠実性が高い女性に

性的奔放にふるまえと言っても無理なんです

でもこれを多くの男性はやろうとしちゃうんです

逆も然りです

倫理観や誠実性が非常に低くて性的奔放な人に
自分だけと付き合え、といっても無理なわけです

なので私の推奨するものは、その人の性質を
しっかり見抜いて自分が望んでいるものに
マッチしている女性をその場面場面でちゃんと選ぶ
っていうのは大切だなと思っていて

そうすると分かってくることは
遊ぶ相手を見つける場合と、付き合っていく女性を
見つける場合は活動する場所も変わるのが
当然だよねってことになってくるわけです

性的に奔放な人が集まるところと
誠実性が高い倫理観が高い人が集まる場所は違う

そしてその2パターンの女性たちから出てくる
発信内容も違うものとなるわけです

なのでそこをちゃんと分類して見れるようになると
より自分にマッチした活動が行えて
目標達成がしやすくなります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-人間メカニズム

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER