魅力

理想的男性像を基礎からイメージする

すごく原始的な話なんですけれども
人間の原始的な部分を知る事って
私は非常に大切だと思っていて

それが人間の無意識レベルのポイントに
影響を及ぼすと思ってるからです

なので原始的な事の話というのは
ちょこちょこ出てくる訳です

では今回の原始的な話って何かっていうと
人間というのは様々な種類の中で
生き残ってきた種なわけです

でその昔ネアンデルタール人という種が
存在していました

実はネアンデルタール人って現代の種より
脳の大きさが大きかったんです

でも結果的に私達の種が生き残った

それって色々な説があるんですけど
最近の説として有力な候補について
非常に納得いってて

結局そういうことかなと思っていて
私も大切にしているんですけれども

それは脳の容量は大きいのですが

私たち現代の人類との違いのポイントで
特に大きな違いがあった部分は

脳の部位に容量の違いがあったんです


その脳の部位の違いでどういった差が
生まれるのかというと

違いがあった部位は前頭葉です

この前頭葉の中でも特に想像するという力や
思考をするという力
未来を考えていく力

そして他の人を思いやるという社会性

こういったものを司っている部位に大きな
違いがあったんです

ここが結局人類の生き残りの上で大きな影響を
及ぼしたんではないかと言われていて

これは考えていくと当たり前で

この社会性というものがなくて

各々が超利己的な生物であれば
その種は淘汰されるんです

例えばどんなに頭が良くたって、力があった
として淘汰される

ではなぜ自分さえ良かったら淘汰されるのか
と言えば

例えばオスの場合ならば力が強い

ので他の人から奪う

自分だけでよければいい

食料は自分だけ取れればいい

という風に考えていれば確かに自分自身は
生き残るのが非常に容易になります

敵などから襲われても自分だけならば
簡単に自分を守る事ができる

 

でもそれだと、その考えの種は
絶滅していく訳です

そうすると結果的に自分の子孫は

残せなくなる、なんで結果的に私たち人類が
生き残った理由の一つとして

 

弱い立場の人を守っていく
そういった生命共同体を作り

力があるんだったら、その力を使って
最大限コミュニティのために生きていき

そのコミュニティのみんなで力を合わせる

ということをしたので

頭脳の容量の面では劣っていても
生き残ってこれたんじゃないかという説が
採用されている訳です

で、私はこれに非常に納得いってて、

これをベースに考えると、どういった男性を
イメージして自分を作っていけばよいのか
より正解に近いところが見えると思っています

で、そのより正解に近いところを実際に
自分に落とし込むのは、ベースの部分から
深く納得できるから落とし込み作業が
行いやすくなると思っています

ので、今日の前フリは大切です

では次回に続きます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-魅力

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER