環境

自分の環境を良いものにするために知るべき事

私たちがこれから生活をしていく場面で
非常に大切な人間の見方となりますので
ここは知っていた方がいいです

コミュニティって誰がそのコミュニティを
仕切るのかによって、そのコミュニティの性質って
決まっていくんです

なのでどういった人がまとめているのか

によって、かなり左右されることになるわけです

一般的に考えると、そのコミュニティを
まとめている人は優秀な人の方がいいです

そうするとより適切な判断をしてくれるからです

そんなの当たり前じゃん

って多くの人が思われると思うんですけど

これが全然そういう風にならないんです・・・

 

例えば一つの問題があって

それを3人が考えて答えを出していくとします

Aさんが一番最初に答えを出しました
次に B さんが答えを出しました
そして最後に C さんが答えを出しました

でこの最後に答えを出したCさんは

はじめの二人と違って

なぜこれが正しいと思ったのか

他の人は何で外れているのか

などのその理由をちゃんとみんなが理解でき
さらに納得できるように説明をしたとします


結果、Cさんのその答えが合っている
こういったケースが複数回繰り返された

とする

どう考えてもこのコミュニティをまとめていった
方が良い人はCさんになるんです・・・

このように話を聞いてもらってたら

それはこの中でコミュニティをまとめるとしたら
このCさんがまとめるのが当然だよね

ってなると思いますし

実際にまとめるんであればこのCさんが
まとめた方がいいです

なぜならば、そもそも正解をちゃんと導き出せる

そして周りの人にそれを押し付けるのではなく
ちゃんと理解できるように正しい考え方を
伝授できるってなったら

この人がまとめる以外にないわけです

 

ところがです

人間の判断ってこういう風に正しくできないんです

ちゃんと現状を見て論理的に考えて

それで判断してCさんしかいないよ
ってならないんです

非常に残念な事に、しっかりと目の前にある
答えを見て考えて

最適解を出せる人が多数派じゃないのです

 

正しい答えを出し
みんなに理解をさせ導くっていう
この当たり前のことを当たり前にできる人が
選ばれるんじゃないんです

そのコミュニティをまとめる人って、どのように
決まっていくのかって言うと

すごい残念なことに

「ただ最初に答えを言って、目立つ人、声がでかい人」

なんです

自分が所属しているコミュニティでもいいですし
周りのコミュニティでもいいので見てください

そのコミュニティをまとめている人

ってのはこういった条件を持ってます

判断のスピードが速くて声がでかくて
言い切り型の言葉を言う

そして目立つのが好き

みたいな要素です

ところがです

本当に考えなきゃいけない問題っていうのは
しっかりと考えなきゃいけないので
スピード重視の人って答えは間違えがちなんです

人間の基本的な判断の仕方はスピードで答えるか

よく考えて答えを出すか

この二つの考え方がある

で、人間が生き残っていくためには
スピードで判断するって事が大切だったんです

じゃないと命を落とすことがあるので

それは主に昔の話

今ではそこまでスピード重視で判断をする必要性が
ある場面ってめちゃくちゃ減っている

しかし昔からの習慣んで
私たちの中ではスピードで答えることが
多くなっちゃってるんです

で、それをできる人を優秀と判断しちゃう
習性までおまけでついている

でも、そうすると生き残るという意味では良いとしても
今の時代のように、よく考えなきゃいけない時代に
なった場合はミスが多くなってしまうんです

私たちの習性としてはスピードで答える人
そして目立つ人、声の大きい人

みたいなすごく本質とは違う部分で判断しちゃう
っていう性質を持ってしまっている

だから優秀な人は、そのコミュニティを
まとめられないで
そのコミュニティの質が悪くなる

って事があるんです

(本当にこのケースは多いです)

ここに私たちが気をつけたいことがあるわけです

では
それを次回にお話ししていきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-環境

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER