感性・感覚

決めごと

後で後悔しないように
私が意識づけていることがあります

自分が興味を持っている分野があるとします

その疑問が興味を持つ分野なんで
いろいろ努力をしたり
調べたり・学んだりして
それを実行するんです

で、その努力が報われるとは
限らないことは覚悟してるんです

ただし

その実行をしていく中で自分が学んで
正しいやり方だろうな
方向性は合ってるだろうな

っていうことと

それ本当に自分がやりたいことかな

ってことを考えて

それで自分の中でゴーサインが出たら
絶対それをやるって事にしています

ただ途中で

「あれ・・・
なんかこれ間違ってる可能性あるな

このままやってもうまくいかないなぁ

この努力って多分、実を結ばないなー
勝ち目がなさそうだな・・・」

って判断したら

それは止めるようにしてるんです


それやっているうちに自分にとってみて
これ苦手だな

一生懸命やってもこの苦手なことは
克服できないな

 

っていう場合は考え方は改めて

その場から、しっぽ巻いて逃げる

って事を大切にしています

なぜならば自分がやってみて、先がないなぁ
であったり

これ結局は自分がずっとやり続けられないな

と思ったら

それは苦手なことだ

ってことが改めてわかるわけです

で、こういった自分との話し合いの上で出てきた
結果であったり

感覚的に

「これ絶対ダメだわ」

っていうのが降りてくるときがあるんですね

 

こういった時の自分の中での警報のベルが
鳴ってる時っていうのは
だいたいそれに従ってると当たってることが
多いんです

けど、ここでその警報が消えちゃう時
っていうのがあるんです

ここ
気をつけることにしてて

その警報が消えちゃう時っていうのは

”周りからの同調圧力”

なんです

みんなこういうふうにしてるんだから
お前のやってる事は間違いだよ

って事を強い圧力でやられちゃうと
自分の中で出てる警報が消えちゃうんです

もしくは私の中で出ている

ゴーサイン

が消えちゃうんです

「あれ・・・?」

ってなっちゃうんです

こういう風にしなきゃいけないんだ
これが正しいんだ

自分の中で今鳴っている警報は
まちがっているんだ

って風に思っちゃうことがあるんです

それで今まで自分の中の警報が鳴ってるのを
無視したことで結果失敗してることが
すごい多いんです

もしくはやっぱり続ければよかったとか
思うことはやっぱあるんです

全て自分の中で出てきたゴーサインであったり
警報サインというものを無視しちゃった
結果なんですね

結局自分がこの分野は得意で
学び続けて実行し続けて見えてきたこと

って、それ以外の人には基本的に見えないんです

ましてやその分野を積み重ねて
ずっとやってきた人にしかわからない
結論があって

それをやってない人は、ただ自分がこう思う

ちょっと前に少しかじった時には
自分はこれをやって上手くいったから

これが正解

というものをただ押し付けてるだけなんですね

なので自分の中で積み重ねて学んで
実行をしたものから見えてきたことって
結局自分にしか、その先にうまくいく道が
あるのかどうかなんかわかんないんです

ということがだいぶ大人になってきてから
わかるようになって

そこからは周りの同調圧力をガン無視するように
なりました

もちろん時と場合によって、ちゃんと
それに従う時もありますし

全部をガン無視してたらコミュニティ自体で
うまくやっていけないので
自分が折れられる所はちゃんと折れて

絶対に折れれないって場面では

覚悟を持ってガン無視するって決めてます

それでコミュニティでの立場が悪くなったり

どうにもなんないっていう場面になっちゃった
としても、それは自分の責任
自分の覚悟として受け入れようと思ってます

の方が多分
後々、後悔しないと思うんで

自分が今まで積み重ねてきて見えてきたことを
無視して、結果やっぱりそっちだったじゃん

ってなってそれが修正きかないことだったら
多分一生後悔するんで
自信を持って

こうなると、思える時

そしてそれが自分にしか、わかんない時は
覚悟を持って選ぶようにしてます

それで超痛い目も見るでしょうが

どちらにしても

同調圧力でやめて後悔をする

自己判断で他人の意見をガン無視して
超痛い目を見る

後者選択って事にしました





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-感性・感覚

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER