好かれるために

結局は、誠実性が高い男性が強いです

今も毎日メイン活動をされているメンバーさんと
やりとりをさせてもらってるんですけど

やっぱり誠実性が高くて真面目な人
多いなーっていう印象です

と言うのも、なんでそう思うのかって言うと

私たちがインターネットで活動して行く時って
他の男性との差別化を図る言葉を
使えるかどうか

ってめちゃめちゃ重要になるんです

差別化ができる言葉って

今までその人が何をやってきたか

によって何が言葉として使えるかが
決定されるんです

価値がある言葉が使えるためには
その言葉を使えるまでに

絶対に努力してないと、その言葉って
使えないものが多いんです

努力して長い時間かけてやっと手に入れる言葉

ってのが何個も手持ちにある

というのは、結局はその対象に対して
誠実に取り組んで、ずっと努力し続けた

その結果としてひとつのキーワードが
使えるわけです


なので自分を興味深い男性として見せるための
言葉って、テクニックや慣れっていうのも
あるんですけど

結局その人が今まで何してきたのか

って、ところがめちゃくちゃ表現
されちゃうんですね

なので適当で努力っていうのが嫌いで
今まで何もやってこなかった人って

残念ながら、差別化ができる言葉を
書けないんです

他の男性と違って何か一生懸命やってないと
何もかけるもんないんです

例えば

これは映画好きな人を否定してる
わけじゃないんですけど

「映画が好きです」

っていうのは誰にだって言語化できるんです

それは今すぐインターネットにアクセスしたら
見れるからです

そう言った言葉には大した価値ってないんです

なぜならばその言葉使うのに全然コスト
かけてないじゃないですか

ということは

大切になるポイントっていうのは

そこに書ける言葉にどれだけコストかかるの?

っていうところがすごく大切になってくるんです

コストを乗せた言葉ってどう言った物

って言うと

それはシンプルに真面目にコツコツと
対象に取り組んできた時間と努力しかないんです

それがあるから言葉にコストが
自然と乗るんです

 

例えばヨットが好きでヨットで
日本一周してきました

っていう1キーワードだって、

これはめちゃくちゃな努力なわけです

本人は楽しくてやってるんですけど

やっぱそれに関してあらゆるものを調べ

あらゆることを自分でできるようになり

トラブルに遭遇することが100%あるわけですから
それを一つ一つ解決して

っていう超長い時間・労力をかけて
できるようになることが

この一つのキーワード

ヨットで日本一周

です

という風に何かに対して夢中になって
興味を持って行ってきたっていう経験がないと

本当になんにも希少性のある言葉
って書けないんです

っていうの分かってる上で

やり取りさせてもらってると

こんな言葉、使えるんだっ

って思わされることが多々あるんです

なのでみんな真面目で誠実性高いなー
って思わざるを得ないわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-好かれるために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER