方法論

ターゲットは意図的に集める・排除する事ができる

自分のターゲット以外を排除する

自分のターゲットの性質をより理解する

っていう方法って考えてくといろいろと
その方法・考え方はあるんです

これを習慣にしていくと大きなメリットが
手に入る事が増えていきます

実際にこれって世の中でも色々利用されているわけです

例えば ファッションに興味がある人を
ターゲットにするファッション性が
高いものを売る場合は地方では売らないんです

同じ洋服のブランドでも地方の店舗と渋谷にある店舗では
置いてあるものって違うんです

この場合は地域によってあらかじめ属性わけをして
最初っから売るものと売らないものを決める

これもターゲットの分かりやすいやり方です


それ以外にも例えば

ターゲットは若い人にして中高年以降の人を
排除しようと思う場合

それがテキストベースのものであれば
文字を小さくすれば必然的に
中高年の人はそれを読まなくなっちゃうんです

こうやってそこに何を用意するのか

で排除される人っていうのは
ある程度想定できたりするんです

 

例えば一つの対象をそこに置いて

それを丁寧に説明していくという形にすると
読んだり考えたりするのが嫌だ
という人は必然的にそこにはいなくなるわけです

じゃあもうちょっと女性獲得活動に近づけて
考えていくと自分がインターネットで利用して行く場所も

例えば20年前からずっと運営されているところですと
必然的にそこにいる女性の年齢層は幅広くなる

一方新しく人気が出てきたスマホのアプリの場所であれば
そこの属性としては若い女性が多くなっていく

では今度ライバルの男性を考えて行くならば
基本的にはマッチングサイトというものは
女性は無料で

それを男性も無料にするとどうなるのか

そうすると必然的に考え方として無料で手っ取り早く
女性とやりたい

という短絡的な思考を持った男性が大量に集まりだす

そうすると時間はあるけどお金がない人が
主体になってくる

そこから導き出されるものは、時間がないけど
ある程度以上の経済力はある人にはすごく
不都合な場所ってことが分かってきます

 

例えば若くて見た目がいい子はSNSとしては
Instagram の方が好ましいと思う

そうじゃない女性だったら Twitter の方が
好ましいと思う

例えば手っ取り早くその日、性的関係になりたい
のであれば固い仕事を真面目にこなしている女性よりも
性要素の入った仕事・性的サービスの仕事をしている
女性の方が簡単

ならばその人たちが多くいる場所
例えば、歌舞伎町で動き回った方が効率的である
であったり

 

周りの男性のレベルが低いところで
普通レベルの自分が動くことでメリットを得たい

と思ったら、それは地方に言った方が
ライバル男性が弱いので地方で活動した方がいい

そしたら地方の車スポットに行った方が要領がいい

などを考えていくと、ある特定の属性の女性には
何がヒットするんだろうか

っていうのが考えられるようになっていきます

 

例えばルックスのいい女性が何を提案されると
強い興味を持つのか

それは一緒に飲みに行くとか、映画に行きましょうとか
そんなありきたりなものじゃ反応しない

ルックスがいい女性だからこそ反応するものは何か
これを考えるといくつかの答えって
見えてきたりするわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER