性欲・愛情

男性が/風/俗/に今まで通って処理していた欲望2

でもう一つ面白いことは何かって言うと

これまでの遊び方とコロナの件があって
みんなの感覚として大きく変わった

っていうことが分かるんです

おそらくこれから数年間は以前のような
感覚はもう人間には戻ってきません

洗脳するかのようにメディアが過剰に
コロナは危険だって言い過ぎてしまったために
みんなにあまりにも深く刺さりすぎちゃったんで

これまでのような遊び方っていうのは
ちょっと気持ちの中でネガティブな感情が
起こるようになるんです

ところが話ししたように人間の欲望・欲求
原始的な欲は抑えることはできないんです

必ずどっかで溢れ出てきて

その矛先はどこかに向かわなきゃいけないんです


なので今はゴリゴリにインターネットに
流れててるんです

男性はもちろんのこと

女性も流れてくんです

ここにしかないんです
流れる方向が

なので女性からの反応が爆上がりっていうのは
実際に女性がインターネットに
流入してきたっていうことを
ものの見事に表す

でもおかしいなというのが出てきます

 

それは何かというと男性のほうが
参加人数は、もっともっと増えてるはずなのに

考えたら流入してきた比率でいえば
男性の方が多いとするならば・・・

今までと反応は、そんなに大きく変わらないはず

女性からの反応が爆上がりする
っていうのは考えづらいんじゃないか

ってなるんですけど

ここは理由があって
それは何かと言うと

これまでインターネットを通して
女性の興味を引くという訓練をしてこなかった人が

いきなりインターネットで女性の興味
を引こうとしてもそれはなかなかうまく行かない

ってことなんです

そうするとこれまで女性から興味を
引くにはどうしたらいいのか

という活動をしている男性は思いっきり
有利な状態でいれるわけです

なので男性側の人数が増えても
結局女性はその人数が増えたが
まだインターネットで活動する初心者の男性には
興味を持たないのです

なぜならばインターネットで活動したことのない
男性はどうやったって自分の欲望にしか
焦点を当てないような発信しかしないから
(それが普通の行動だからです)

これについては散々訓練をしてきたので
私たちは女性側にちゃんとメリットが
あることを念頭において常に活動し
続けてきたわけですから

 

男性の分母数が増えても実質的には
ライバルの数は変わらない

女性側からの反応が爆上がりする
っていうのはやっぱりなと思うところなんです

ちゃんと適切な活動ができれば分母数
つまり女性が増えれば増えるほど
反応率は上がるはずなんです

そしてこれからも適切な活動ができる
男性自体の数はそんなに増えないと思います

これはオフラインでも散々活動してきて
わかってることなんですが

ちゃんと考えて戦略を組み立てる人って
ごく少数派なんで

効率を考えて活動するって人の絶対数は
増えないってことが分かってるんです

特にこういった遊びで性的なものが絡む場面では
あまり考える男性はいません

ということで
これからますます私たちの遊びというものは
要領よくなっていきます

みんなの意識の中で、自分の欲望の矛先は
インターネットっていう傾向が
強化されてるからですね

すごく楽しくなってきます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-性欲・愛情

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER