理解するために

女性は生活に関する話は結構好きです

今日は生活に関係する話をしていきます

女性と話している時に女性側は男性が
どういった考え方

特に生活に関しての考え方を持っているのか

っていうのを知るのを好みます

女性側は生活に直結していることであったり
この人と関わる未来には
どんなことがあるのだろうか

ってことを考えたり自然とするからです

生活についてしっかりと考えられる男性を見て
魅力がないって思う女性はいないわけです

女性は非常に現実主義なので現実に
直結していることを大切にします

なのでこういった生活直結系のことを
考えられると結構女性側の男性への見方が
変わったりすることがあります

これまでも度々ありました

それにこれから色々と生活の基盤を
作っていく方も多いと思いますので

その際にこういった考え方を持っていると
結構現実にマッチしているし
良いなと思っています

私は結構早めの段階で自分の仕事的に
転勤はないし自分の居場所を持っておくのは
悪くないなと思って家を持つことにしたんです

近所と付き合いを作るとか面倒だな

とは思ってたんです

それまでアパートであったりマンションで
ずっと生活してきて

家を購入してみると変わったことがあったんです

それは周りの人達の接し方っていうのは
これまでと明らかに変わるんです

家を購入しているということで
そこに住むという覚悟が固まる

と周りが見るので、その前提で関わってくるので
態度がやっぱり変わるわけです

そしてそのコミュニティの中で
自分なりに責任をもって関わりを
持つようにすると、さらに態度が変わるわけです

そこで強烈に気づいたことがあって

これまでアパートに住んでた時には
近所との付き合いというコストを
払いたくないと思ってたんです

しかし自分の居場所を持つ事で
付き合いであったり町内の事に関しての
コストを背負うようになってみると

このコスト分のリターンは確実にある

って事が分かったんです

人の態度が変わるんです

明らかにプラスの方に変わる

これ自分一人だけだったら別にそこまで
こだわらなくても良いですが

それでもプラス分のメリットはかなり大きいです

もしも自分自身がここでずっと生活して
結婚などをして家族を増やしていきに
そこで生活していこうと思った時には
めちゃめちゃ重要な事なんです

というのも次の世代のことを考えると
その人格を育てる時の初めての原風景として
その場所が決定される

ので、周りの環境は少しでも良くしておく方が良くて
近所にコストを使うとそれがプラスに
返ってくるので良い状況を作れると
考えるわけです

私はちっちゃい時から引っ越しが多くて
日本と海外とかをいったりきたりしていて

自分なりの原風景

というものを持ってないんです

それで大人になると原風景なしっていう
思い出が出来上がるわけです

でその原風景に長くいれればいれるほど
自分にとってはホームになるんですけど

結局色んな所に引っ越してしまうと
ホームを作れないんです

これってもちろん、その子供時代の自分の人格形成にも
強く関わっていると思ってて

個人的には子供時代にはホームが欲しかったな

と思うんです

そしたら安定して遊び続けられる場所で
いつもの友達といつものように遊ぶ

っていう形が作れて結果的に早い段階から
人見知りっていうのがなくなってたんじゃないかな

なんて思ってます

そしてもっと人に対して安心して入っていける
度合いが高くなっただろうなと思います

(ちなみに、現在、人見知りです
非常に用心して人との関係に入る自分が
出来上がってしまいました)

と言うように自分が住む場所の選択の仕方には

様々な要素があるんだ

ってことを知っておくと生活に関して話す時の
バリエーションなんかも増えて行きますし
考え方も少し多くなっていくと思います





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-理解するために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER