メカニズム

テーマ「お酒」の話を少々/その2

というわけで本日もまたお酒の話です

お酒を利用する大切なポイントに
ついては前回お話しした通りです

ここでもう一つお酒を飲んだ時に起こる
私達の中に起きる現象・性質というのを
知ってた方がいいです

これ結構大切なポイントなんです

私達って日常の生活で、例えば見ると恐怖心
というのを覚えるような対象があるとします

でそういった恐怖を感じるような対象
というのは脳にも思いっきり反応が
出るわけです

そこでお酒を飲むとそれがどういった反応に
変わるのかと言うと、同じ恐怖を感じる対象を
見ても脳の中で不安を感じたり
恐怖を感じた時に反応する部位が
反応を起こさなくなるんです


ここからわかることは、お酒の作用として
私たちは不安や恐怖だと通常の状態では
とらえるものを正確には認識しなくなる

って事なんです

だからお酒飲むと無礼講みたいな言葉が出たり

いつもとは全然違う態度を人が取ったり
するのはこれも関係しているんです

本来ならばすごく気持ちが敏感で
普通の人よりも多くの対象に不安や恐怖を
感じる人がお酒を飲むことで
全然その人は変わってしまう場合

これが思いっきり作用していると考えると
納得いくわけです

じゃあ
ここから良い面というのに目を向けると
何が分かってくるのかって言うと

一般的に女性側は男性に対して不安感を
持つのが正常な時の判断です

女性は男性に襲われると妊娠の可能性があるので
男性に対しては危機感であったり不安感を
持っていたりする面があるんです

だから全然仲良くもないし初めて会った
女性の手を男性が握ったら女性は
ネガティブな反応を起こしますし

自分が受け入れようと思った以外の男性から
強制的に触れられるとそれはセクハラになったり

場合によってはもっと大きな事件と
なってしまったりするわけです

ところがです

この通常の状態だと不安であったり
恐怖の感覚がお酒を飲むことで
なくなってしまう

もしくは弱くなってしまう

というのはどういったことかと言うと

この本来自分自身をガードしている感覚が
なくなるって事なんです

これは脳の状態からもそうなるよ
ってのは分かりますし、散々お酒の席を
女性と共にしていれば

お酒は人間を大きく変える

って事が感覚的にもわかるんですね

私は活動の中でお酒があった方が
楽しい展開になりやすい

普段だったら起こらないような楽しい事も
お酒の席だと起こるってことが十分に
前から分かっているので

取り入れる活動一本でいいんじゃないか
と昔の/ナ/ン/パ/活動では思ったわけです

今は違うコンセプトで女性を集めて行くのも
可能となったのでお酒ありきでは
なくなったんですけど

今でも飲みたい女性であれば事前にお酒を買って
部屋で一緒に時間を過ごすことにしています

なぜならばもうお分かりの通りに
女性の中での不安や恐怖心をなくしてしまったり
弱めたりするものなので

プレー自体の内容も大幅に受け入れ
得られるようになって普段だったら
恥ずかしいとか思う部分も
オープンにしやすくなるんです

多少のリスクがあるものも受け入れて
くれたりするようになるので
やっぱりその現場が面白くなる
という意味でお酒は取り入れるようにしてるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-メカニズム

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER