感性・感覚

人間の細胞神経の集中箇所を利用する

私たちが何か面白いアイデアを閃いたり
物事を覚えたいなと思った時には
手を動かしたり口を動かしたりすると
良いアイデアが浮かんだり
物事が覚えやすいですよ

という話をすることがあります

なので例えば勉強ならば口に出して読み
文字として書くをするわけです

私たちの脳がより活性化して動く時って
どういった部分を使うと活性化しやすいのか
って言うとこれを参考にすると
良いと思ってまして

ペンフィールドのホムンクルスと言う絵があるんです
(人造人間の方ではないです)

体のそれぞれにある神経細胞の量の割合を
体の表面積として表す

っていう絵なんですけど

ちなみにこんな感じになります

 

ホムンクルスって言うと漫画が有名なんですけど

このホムンクルスの図を見てもらえば
わかるんですけど私たちの体の面積と
神経細胞の数っていうのは比例してないんです

体の面積が広ければ比例して神経細胞も
多くなるのかって言うとそうはなってなくて

だったら背中とか面積的には大きいので
そこにいっぱい神経なきゃいけないんですけど
ご覧の通り体自体にはそんなに神経の密度
って高くはなってないわけです

このホムンクルスの図を見てもらえば
わかるんですけど

私たちの神経細胞って、手・口唇・舌
などに集中してるって事が分かると思います

(ちなみに、目・鼻・足・チ○コが結構
大きいんですけどね
とくにチ○○は要チェック)

なのでこういった神経細胞が集中している
ところを動かすと

脳も動きやすいんです

なので、いっぱい友達と話をしている時って
今持っている考えが、より進んだり
新しい考えが浮かんだりするわけです

例えば、話をすることを仕事にしている人
講演などがそれです

の中には、話のテーマだけは決めておくけど
具体的に何を話すのかは実際に話しながら
考えていくことを好ましいと
思ってる人もいるんです

それは何でか

それが、この仕組みを使っていて
喋ってるうちに自分が何を話したいのかが
見えてきたり、喋ってるうちに新しい考えが
わかってくる

というのを経験的に知っていて
それを採用しているわけです

人と話ししながら考えを進めていったり
アイディア出していくっていうのは
非常に有効なんです

こんな感じで、より脳を活性化させる活動
手も使えば舌も使う、口も使う
目も使うし・・・

って言ったらどんな活動があるか

性的な活動ってものすごく活性化される
活動なんだなってことが分かってもらえる
かなと思います

それに指先とかってどれだけ繊細か
ってわかるのは

例えば机の上に砂一粒置いておくとします

目をつぶって机の上をてなぞって行って
砂一粒に当たった瞬間にすぐにわかるんです

本当にちょっとした感触も指ならば
ありありと感じることができるんです

というぐらい神経が集中しているので
私たち男性は目で見るものに意識を
ほとんど持ってっちゃうんですけど

この指先・口や舌を使って色んな女性相手に
色々感じながら触ってみるといいです

今までに感じたことのない感覚が指先などの
神経細胞が集中している部位を
通して色々と感じ取る事ができるので
いつもとは違った楽しみ方ができると
思います

って事をすると女性側の反応にも敏感になるので
動きとか反応とかが指先等の神経細胞の
密度の高い所に伝わってくるので

そういったことに意識を集中するという
やり方もあるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-感性・感覚

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER