判断方法

判断をする時に気をつけている事

ここは気をつけてもミスを繰り返している
ポイントなので、もう一度自分自身に話す
意味でもこの点をチェックしようと思います

私たちは自分の中から引き出しやすい情報
というものを重視しちゃうんです

そしてそれを正しいものだと思っちゃうんです

それを元にして判断をするので
その判断っていうのは間違いやすくなるんです

一番ありがちなケースで私もよく
はまることがあります

引き出しやすい情報って何かって言うと

自分の身近にいる親しい人が言っている
言葉になります

その人の言葉って自分の情報から
すごい引き出しやすくなるんです

そうするとそれが一番身近にある情報に
なっちゃうので実際にどうか

って言う客観的な立場で物事を判断するんじゃなくて
自分の親しい人がいっている

ということが最優先になっちゃうんで

どうしてもそれが頭から離れなくなっちゃって
なんかの判断をする時に最優先の判断要素に
するんです


例えばこのお店、店員さんの態度が悪くて最悪で
料理も美味しくなくて冷めてたんだ

みたいなことを言われちゃうと

もうそのお店って他の第三者からの
評価が著しくいいとしても

もう自分の中ではダメなお店

ってインプットしちゃうんです

でこれなかなか覆らないんです

ということは自分の親しい人・近くにいる人が
偏った判断をする
あまり性質が良くない人

であればあるほど自分のすぐ出てくる判断が
良くないものになりがちになるんです

例えば今話したような人が周りにいるだけで
自分の判断というものが狂っちゃうんです

せっかく美味しいお店なのに
行く前からダメ店ってなっちゃって
せっかくの良いお店をスルーする事になる

 

例えば人間に関しても

あの人は悪い人間だ

みたいなことを事前に刷り込まれて
それが本当であるかどうかも判断する前に
自分に引き出しやすい情報として
それが入ってきてしまう

なので毒親って言われる存在って
ものすごくまずいのは、そこなんです

自分自身が離れたくても離れられない
年齢の時にそれ散々やられちゃうと
自分の判断の基準にものすごく深く入り込ん
じゃうんですね

なので人間って自分自身の質を良くするために
どうしたらいいんだろう
成熟したいな

って考えることなしで生きていくと
本当に周りに悪い影響を与えちゃうんです

 

他にも

自分の中にインパクトが強い出来事であればあるほど
それが最優先になっちゃうので
そこも注意が必要なんです

例えばある人が華やかな洋服を着ていたら
その人はいつもハデだって判断しちゃうんです

でも実はその時だけなんだってことも
あるわけです

その時たまたま何かの事情でハデな服を着ていたのに
自分の中ではそのインパクトが強すぎちゃうんで

この人派手な人だ

ってなっちゃったりするんです

もしもそれを正しく判断するんであれば
その後も何回か見て
それでどうなの

ってことをちゃんと客観的に見れるように
なっておかないといけない

自分はインパクト強いものに流されてしまう
それがすべてって思いがちである

ということをしっかりと押さえていかないと
一つ見たことが全てってなっちゃうんです

ということを知っておくと

自分に対してのブレーキがかけられたり
客観的な目線をもう1回自分に持ってくる
ことができるので

やっぱり知って送ってのは大切です





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-判断方法
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER