女遊び

女性関係、舞台が街からインターネットに変わっても、やっていることは変わらない。

女性獲得活動をする場合の

メインの場所を街として活動している時には
ほぼ週末は全部、街にいるので、同じように街で
活動している人たちを数を多く見るんです

 

そうすると例えばこんなグループがいました

まずみんなで居酒屋で散々飲んで
その後から活動し始めるというグループが
いました

みんなかなり飲むので、もうすでに活動するときの
テンションは酔っ払いのそれになります

よって効率は上がらないわけです

 

別にこれが良い悪いではなく

目標をどこに置いているかということで

その目標を達成するために取る手段

というのは、色々な形があるのでいいんですが

 

もしも目標をその日に自分の家に
連れて帰るであれば

それを達成するために何をすると
確率が上がるのか

ということを考えた方がいいわけです

そうすると週末の何時ぐらいに
一番女性が多くなるのか

そして例えば理性が低下した状態の
女性達はさらにそのうちの何時ぐらいに
一番集中するのだろうか

場所としてはどこが一番油断しやすいのか

 

そしてそういった女性たちの中で
どういった属性を持ってる女性だと
こちらの目的にマッチするのだろうか

そしてその属性に自分たちをマッチさせるには
どういった形を演出するとマッチするのだろうか

 

そういったことをひとつひとつ考えて
確率を上げていき
要領よく活動をしてなるだけ少ない時間量で
女性を確保できるようになる

って考えるんです

 

そうしないといつまでも確率悪くて
ただひたすら一日中
何百人にも声かけるって言うような
苦行になってしまうので

 

でもその中でも確率を考えたらあげることは
できるわけです

そうやって少しづつ確率を上げていくために
どうすればいいのかというのは
ひたすら考えて仮説検証をする

自分たちが楽しいノリで、ひたすらやり抜くのか

(もちろん、悪くない楽しいから
その変わり女性側の目線では考えない)

 

または他のグループでは自分たちを女性に
適合させるように自分たちを改造する

ということは考えずに

現状の自分たちでどうにかしよう

というグループもいました

ですがやっぱり現状の自分たちを変えずに
要領をあげるのは難しかったです

 

このようなものがそのまんまインターネットに
なったら何か逆転するか

と言うとそんなことはなくて

 

そのように街で考えて行動していた人は
インターネットに変換しても
同じような考え方を採用するので
やっていることの要領はやっぱり上がらないわけです

 

ということで

インターネットで活動する場合も同じで
どうやったら効率上がるかなー

ってことを考えながら一つ一つ改善していく
ってのは非常に大切になります

特にインターネットでは1つの発信で
反応というものが上がったりするものなので
考えていく手応えという
楽しみというものがあります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER