恋愛理論

みんなやってしまう恋愛関係での落とし穴。

特に女性に関してこの傾向があるなと
思ってる部分だったりします

女性は男性から求められるのが
10代後半から20代の後半ぐらいまで

ここは女性の中で男性から
わかりやすく求められる最盛期になります

もっと具体的に厳しく言ってしまえば
20代の前半までが最盛期です

女性は男性よりも最盛期が来るのは
早いです

そして最盛期が終わるのがあっという間です

というのもこれは生物的な理由で
20代で、できれば子供を複数に
出産するという前提で考えていくと

そこに男性を惹きつける最盛期が来る

と考えると納得いくところなのです

が、ここで問題なのが女性の最盛期と
いうのは、ある程度以上のルックス
を持っている

そして上手く男性を喜ばせられる
ようなコミュニケーションはとれる
女性であれば、もうひっきりなしに
男性からのオファーというものが
ある状態なのです

そうすると女性の中でそれが自分の
フォーマットの状態だとして
印象付けられてしまうわけです

するとこれが大変なんです

これは男性も一緒です

男性は女性と違い最盛期というものは
比較的長く取ることができます

それでも女性に比べたら男性は
女性から求められるという機会は
少ないので最盛期を感じられる男性
というのは、あまり多くはないわけです

※私のような平均的な男性は女性から
言い寄られるというような経験をする
事がないので、最盛期を感じずらいわけです

男性は女性から受け入れられる頻度が
高め、ぐらいが最盛期の感覚です

30代をこし40代になったら男性も
真っ逆さまに女性に受け入れられる
という感覚が減っていきます

のでこれは前提として押さえておく
必要があるのですが

その最盛期を自分のベースとしてしまうと
なかなか悲惨なものを迎えるわけです

なぜかと言うとその時(最盛期)によってきた男性の
レベルを自分の中で設定して

そのレベルの男性に求められない限り応じない

という戦略を取ってしまう

そうすると自分の最盛期は過ぎているのに
自分が求める相手のレベルは
最盛期の時と同じ

そして求められるレベルの異性のレベルが
下がっていく

そうすると自分が納得できない

もっといい人がいるんではないか

と考える

そして時間が過ぎていく自分の恋愛市場での
価値は下がる

だが昔の基準で自分の異性選びのレベルを
キープしている

そうするとどんどん、ここに
格差が生まれて行き

時間が経過するごとに
さらに苦戦をし結果的にいつのまにか
恋愛市場からフェードアウトする年齢が
来てしまっている

しかし自分で実は恋愛市場から
フェードアウトしているって言う事に
気づけない

自分の最盛期の時のままの自分を
基準として持っていて

それで異性をまだ選び続ける

ということになってしまう

このように自分が最盛期にいた時を
基準にすると、とんでもない悲劇を
迎えるので私たちは

今の年齢毎に

自分を客観的に判断する

というものを改めていく必要があるわけです

これは男女ともに陥りやすいポイントなので
改めて復習がてらお話ししました





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛理論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER