ルックス論

自分のなりたい男性イメージのファッションからの圧力

自分がこういった男性になりたいと
イメージして、その具体的ターゲットを決めて
それに近づけるようにしてるんです

そこでまず私がやっていることって
そういった男性がイメージしているファッションを
自分に取り入れるんです

それっていうのは自分がこういった男性に
なりたいなっていう男性が実際に身に
つけているもの

どういったものを選んでるのか

を聞いて
それをそのまんま買うようにするんです

そういった人達って買い物する場所も
結構こだわった場所で買い物するんで

一つ一つの物が結構な金額したりするんですけど

それを私はとりあえず買うんです

なんで不必要に高い金額のアクセサリーとかを
買うのかって言うと

自分自身をその買ったのがアクセサリーなら
アクセサリーに似合うような自分に
しなきゃいけなくなるんです

その買ったアクセサリーがかっこつけてる
ものであればあるほど

それに似合わない自分になるしか
なくなります

買っちゃったし・・・

なのでこれ身に着けるんだったら

太るわけにはいかないな

これに似合うように維持しないとな

って思うんです

これは自分の自然な感覚に任せたら
誰でもだらしなくなってくんです

でもそこに何かしらの負荷や痛みを載せることで
自分の中で圧力を感じる事ができます

その際に有効なのは、何かしらの負担を自分に
背負わせる事で身に着けるものなどは
それに該当します

安くて買っても痛みがないものは意味がなくて
痛みを伴って買うから意味があります

何も無い状態だと
人間は楽をしたいと思いますから

どうしてもだらしない方向にいきます

自由にやってください
その決めごとを破ったとしても特にバツは
ありません

だと人間ってルーズになっちゃうんです

私はやたらダメ人間なので、何も負荷や痛みが
ないと何もしないです

でもそこに何かしらの痛みであったり負荷があると
それがあるから、やんないとなってなります

私の場合はそれは少し高価なアクセサリーだったり
小物だったりするんです

それを買ってそれに似合わない自分に
なっちゃったら痛いわけです

無理して負荷かけて、高いものを購入して

これが利用できなくなる

結構痛い出費だったのに・・・って思うと

いかんいかんいかん

ってなるんです

例えば私が好きで買っている小物系で
KMRII(ケムリ)っていうブランドがあるんですけど
https://kmrii.com/

そこはレザー製品であったり
ストール
アクセサリーとかが
気に入ってるんです

でもこれって例えばちょっと実例だしたら
失礼なんですけど

宮下草薙の草薙さんタイプの人が身につけてると
似合わないんです

申し訳ないです^^;

じゃあこれに似合う自分ってどういうの

だらしない感じは駄目だな

とか

身につけるアクセサリーがこれだったら
似合う洋服はこっちだよね

っていうふうに強制的に動かされていくんです

例えばこれらのアクセサリーを身につけて
全身ユニクロってわけにはいかないんです

マッチしていないからです

というように自分に喝を入れるために
自分が身に付けるものにコストを割く

って面もあるんです

ここで例えば自分が身につけるアクセサリーを
1000円のものにしちゃったら

洋服ユニクロでいいじゃん

ってなっちゃうんです

人間はゆるくしだしたら
いくらでも緩くできるんで楽なんで

そういった角度からも身に付けるものを
選んでたりします

・・・といっても全然似合っていない可能性は
あるのですが

もしそうだったら滑稽でかわいそうです-私





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-ルックス論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER