自分を知る

自分をどういった人だと評価する

すごくシンプルな話なんですけれども

自分をどういった人だと評価するのは
自分自身ではなく、周りの人です

女性から全然好まれない人で、自分に対して
評価が高い人というのもいるんです

男性は自分のことを高く評価しがちで
自信を持ちがちなんです

一方女性はと言うと、女性は自分に
自信を持たない傾向が強く

ネガティブに自分のことを評価しがちな
傾向があるわけです

ですから男性は自分のことを高く評価
しているのに、女性側kら求められないことに
不満を抱いたり

見る目がない女性ばっかりだ

という風に言う男性もいるわけです

ですが冒頭でもお話しした通り

評価をするのは周りの人です

ですから周りからの評価というものを
見ながら自分の表現を調節していく

というのが活動の要領の面から
考えたらいいわけです

例えば自分の今の表現していることが
女性から反応が悪ければ
反応が良い方向に変えていけばいいわけです

自分の今の表現が自分の好みであり

それがすごく自分に合っている

と思っても、肝心の女性からの反応が
良くなかったりするならば

それは周りから・外部から見たら

その表現は女性からの反応が
良くないってことなんです

そしたらどっちにするのかです

自分のこだわりを持ち続けて
現状維持するのか

それとも周りからの反応に合わせて
自分を変化させていくのか

いつまでも周りからの評価が変わらない人
というのは自分のやりたいことに
執着してしまいます

なので結果、現状が全然変わらない
ってことになるわけです

それともう一つ

この点で注意が必要なのは一部の人が
言っていることに合わせていると
うまくいきません

なぜならばそれは、その人の個人的な
趣味だからです

この場合は私たちは、もっと幅広い目線で
見た方がいいわけです

例えばすっごいわかりやすい例としては
エグザイル系(LDH系)のようなタイプの人を
毛嫌いする人というのはすごい多いんです

ただのヤカラじゃないか

というふうに評価する男性・女性共に
すごい多いです

ですがそれをもっと幅広い目で見ると

あの種類の男性の表現というのは
一部の女性にものすごく刺さるわけです

だからあのようなタイプで表現をする
という形をとってるわけです

あれは一部の女性に向けてのキャラクター
設定にしか過ぎないわけです

皆が個人的に表現しているのではなく

会社の方向性として決定していて
キャラクターを作っているわけです

ゴクゴク少数の女性からしか人気がない
表現でしたらエンターテイメント
として成立しないわけです

ということも幅広い目で見て

これが一部の女性にヒットする形なんだな

というような捉え方をしないと

なかなか自分を女性から受け入れられやすい
表現というものを作っていくことが
できないんです

自分の感性だけに頼っていると
全然うまくいきません

なぜならばそれが自分の感性です

そして自分の感性で、いま自分を表現していても
それが全然反応がないのであれば

その感性は間違っている

っていう事を認めないといけないわけです

エグザイル系統は一部の女性に対して
めちゃめちゃ刺さる形だ

ということを客観的に理解していく

という感覚が大切なんです

※あくまでもエグザイルのように
なりましょうってことではないです

ただ分野として、それぞれ女性に
ヒットしやすい表現方法というのがあるんだ
ということを冷静に見れる感覚・判断力

っというのが大切になるんです

ただただ否定している人というのは
結局女性から受け入れられる分野が
何であるかということを
冷静に分析できない人だ

と考えられます

もしもそれを理解できているのであれば
今現時点で、どういった別の表現が
女性に刺さりやすいのか

ということも知っていて
現段階で自分がそれを採用しているはず
だからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER