男女関係

男女の関係のバランス曲線をイメージする。

男性は女性獲得活動の初期に思いっきり
全力でエネルギーコストを
つぎ込まなければいけないです

男性なら一度は思ったことがあると

思うのですが、男性と女性って
最初のスタートする時に
男性が圧倒的に頑張らなければいけない

というように思ったことがあるかな
と思います

女性はその生物的な理由により

この人は自分と付き合う価値が
あるのかどうか

というのはものすごく厳選します

女性は基本的には複数の男性と
付き合うよりも一人の人を
しっかりと見て一人に決定する

というような性質が強いからです

もちろん例外はいっぱいいます

ですかその女性を納得させるためには

男性は最初の段階で
ものすごいエネルギーコストの投入を
かまさないといけないんですね

最初に女性が受け入れるまでに
大量のコストをかけるし、自分自身を
よりよい状態にしておかなければ
いけないわけです

よく動物界ではオスの方が飾っていて
メスの方が地味という風になりますが

人間男性も結局はそれと同じこと

ただ男性側は動物と違って飾るという手段でない
他の方法を選択しているってだけです

結局のところ、動物と似ている
人間の男性もそれと同じことを
しなければいけないんです

最初、オスがんばる

最初の段階で、ほらこれだけ俺には
メリットがあるですよ、どうっすか?

という、わかりやすい形で見せないと
いけないんです

女性が見る限り明らかにメリットがある
という状態にして、仕上げれば仕上げるほど
活動要領が上がっていくわけです

ですがここでまた面白いのは・・・

男女の関係には曲線があるって事です

男性は最初にスタートダッシュをかまし

ここが最高にコストとエネルギーを投入する
段階になって、ゆっくりと投入している
コストは落ちていくわけです

女性は最初は限りなくコスト低いところから
スタートしてるんですが

男性のその初期のエネルギーコストにより
ちょっと受け入れようかな・・・

と思って関係が進展していくと

だんだんその男性を受け入れて行き

愛情が高まっていく

である程度のところで、このコストの線は
交差することになります

男性側がコストの手を抜くようになり
女性が尽くすようになる

という風になってくわけで

そこでエネルギーコストの線のクロスが
起きるわけです

男性側のコストは下がっていく

女性側のコストが上がっていく

それでお互いにかけているコスト線がクロスする

こういったことを見ていると

女性側から見れば

男性は釣った魚に餌はやらない

って言われるんですが、これはしゃーないんです

男性が最初にどれだけコスト投入を
したかってことなんです

ですがこれで男性は安心しきっていて
コストをほとんどかけなくなると

今度はメリット・デメリットがのバランスが
明らかに悪くなり

今度は別れのきけーん

ってものが来るわけです

男性は最初にべらぼうなエネルギーコストが
かかることは理解した上で

でも、その後良い関係を継続する

ってことを考えたら

良い関係を継続するためのコストは
かけないといけないわけです

初期と同じだけのコストをかける必要はないですが
その後にかけるコストを限りなくゼロにすると
関係が終わりやすくなります

これは付き合っていくという前提での話

これが遊びと考えるならば、遊びの男性はやはり
最初の段階でコストとエネルギーを大量に
投入しなければいけないわけです

なんですが慣れてくる・準備がある程度整ったら
要領も上がって、そこに使うエネルギーコストは
少なくなります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女関係

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER