方法論

上手く伝えられない時は人に頼ってみる

人は本当に自分が言いたいことを
言えない時があるこれは知っていた方が
良いなと思うことなのですが

人間は自分がどうしても言いたいことを
どうしても伝えなきゃいけない相手

そしてその相手はすごい近しい相手で
あればあるほどそれが言えなくなるんです

なんでかと言うと

自分の感情が高ぶってしまって
正しい言葉を出すことができない

良い関係がゆえに相手の反応に過剰に
反応してしまったり

諦めてしまっているので、これを言っても無理だな
と思ってしまう

それでも勇気を振り絞って言葉を出した時に
否定と感じるような返事が返ってきた途端に
心が折れてしまう

などのように本来は伝えなきゃいけない
内容であり、伝えるべき相手に
私たちは伝えられないってことが
本当によくあるんです


言葉がうわぁ・・・と頭の中に出てくるんだけれども
それを言語化することができない

処理に追いつかないんです

頭に湧いてきた言葉が処理できないんです

それと感情が入り乱れて
自分が制御不能になってしまう

なんてことになることが多々あり

このような場面で私はやることがあります

例えば自分がこれはちょっとうまく
伝えられそうにないなと思ったら

事前に自分の代わりにうまく伝えてくれる人に
丁寧に話をして理解してもらって

言いたいことを理解してってもらう

その状態になってから、一緒に話の場にいてもらって
話すサポートしてもらいながら話をする
ってことがあります

そうすると間に人が入っていることで
冷静に伝えることができるんです

後は補佐してもらえるので、足りない点は
補ってもらえる

そしてこれは自分がやってもらっても
ありがたいので自分がやることもあります

事前に丁寧に話を聞いてちゃんと
理解した上で間に入るってことをしたりします

これうまくできた時にものすごく感謝されるんです

今まで全然伝えられなかったことが初めて
自分が満足いくレベルで伝えることができた

と言われることがあるんです

第三者の存在が入ることでお互いの話を
受け止めて新しい解釈であったり

第三者からみて、足りていないな
という言葉を出しながら話す

若干翻訳機みたいな役割ができるわけです

それは何でできるのかと言うと

感情優先になっていない
冷静な状態でいれる立場だからできるわけです

第三者の立場は今までに関係は作って来てないので
そこに余計な今までのわだかまりであったり
偏見・思い込み
といったような余計な情報を載せることなく
行うことができるので、よりちゃんと
伝えなければいけないことを適切に発信する
ことができる

のでうまくやることができるわけです

こういった方法があります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-方法論
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER