女遊び

【理想の女性選びは、限りなく不可能。】

これは多くの男性がやりがちなことの
一つとなります

自分の中で理想的な女性というのを
イメージして

その女性に近い女性を探そう

と考えるのですが

現実問題これをやっていても
全然うまくいきませんし

見つかる確率はほぼ限りないゼロだと
思ってた方がいいです

仮に理想的な女性に巡り合ったとしても

その女性自体はまず間違いなく
自分とバランスが取れない女性だ

と考えた方が現実的なのです

ということは関係は成立しないと
考えていいわけです

ですからせっかく理想に近い女性と
会ったとしても

(そもそもその理想的な女性と会う
という確率がほとんど無理
なのに、さらに会えたとしても
うまくいく確率は限りなくゼロに近い
という無理ゲー状態です)

これがより現実的なものだとするならば

私たちが選択した方がいいものは
どういった方向性になるのかと言えば

現在でうまくいきそうな人と
いろいろ関わってみるって事です

今、自分とうまくいきそうな人というのが
現状の自分とバランスが取られた女性である
確率が非常に高いわけです

そうすると好きでもない女性と
付き合ったりしろってことなのでしょうか?

ってなる人もいるんですけど

これは付き合ったりしろってことじゃなく
友達としてコミュニケーション力を
向上させていく意味でも
親しくしておくことはプラスの
メリットがいっぱいあるよってことです

男女関係では一方が得する

ってことはありえないんです

なぜならば恋愛は誰しも自分が得をしたいと
思っているからです

自分が損をしてもいいと思って
恋愛する人っていないからです

さらに男女関係では基本的には
女性の方が価値が高いんです

そうすると必然的に男性は
自分が想定しているよりも
あまり好みではない女性の時に
うまくいく確率が出てくるんです

残念ですがこれが現実なんですね

実際に活動してみると
多くの男性が分かります

興味を持ってる女性とは
うまくいかないのですが

興味ない女性とはうまく行くんです

っていう言葉が出てくるんですが

これが典型的なこれを表している
言葉となるわけです

これを踏まえるとますます理想的な女性と
付き合うなんていうことはあり得ない

ってことがわかります

理想的な女性ということは結局は
現状の自分よりもかなり相対的な
レベルが上の女性を理想だと思うからです

自分と対等の人を理想の女性
という風には考えないです

じゃあどうにもならないのかと言うと

結局は女性と関わり

その中から色々と改善をしていき
自分をブラッシュアップしていく

という行程なくして関わる女性の質を
上げていく方法ってのはないんです

いきなり理想求めていると
いきなり100を目指しますが

自分自身の数字が10だったら
全然バランスが取れていないわけです

でしたら私たちができることは
10からどこまで自分が挙げられるか

っていう工程をたどっていき

結果的に70・80ぐらいの女性と
付き合えればそれですごく幸福感を
味わうようになるわけです

この工程がないと10のまんま
過ごすってことになるわけです

当然相手も10の相手になります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER