モテない理由

【その2/女性関係がうまくいかない男性に見られる傾向】

前回のお話では中年男性であればあるほど
女性との関わりを増やして
女性との関わりに飽きる

という状態を作っていかないと考えています

という話で終わったんですけれども

今回はその詳しい理由について
お話をしていきます

男性は女性に関しての関わりに
飽きるっていうような状態に
なってこないと全然活動がうまくいきません

正しくは、十分に経験を積んで

慣れる・テンパらない・興奮し過ぎない

という状態になる事が大切です

なぜならば男性の多くの人は
女性に慣れていない場合

自分の爬虫類脳に支配されての発信が
あまりにも多すぎるんです

つまり爬虫類脳を優先にして活動している
と、もう下ネタばっかり女性に言うんです


そして女性に求めるのは性的なもの
ばっかりになっちゃうんです

そうすると女性が引くってのは
当然なんです

ちょっとでも接点ができたら
その女性に執着しまくって
しつこくするんです

もう全ては自分がコントロール
できていないから

女性に対して飽きた

というような感覚を持っていないから

全て自分の欲望を
主体になってしまうんです

この状態なんていうのは女性からしてみると
迷惑以外の何物でもなく

何のメリットも無いわけです

ですから私は「限界効用逓減の法則」
の考え方が非常に重要だとして
考えているわけです

これがないといつまでたっても
性を主体にしか考えることができません

私達は女性と関わる事に
もう十分かな・・・

と思った時から要領の良い活動
が始められます

その主な理由は、そうすることによって
主体を女性側に移すことができるんです

もう主体で自分・自分というふうに
考えなくてもいいので

じゃあもう自分は十分に楽しんだ

となったら今度は、じゃあ女性を楽しませて
あげるには何ができるかなと、
考えられるわけです

自分だけで十分に楽しんだ

という感覚がない限り

相手側の方を主体にして相手側を楽しませて
あげようというような考えには
持っていけないんです

ですから現状
女性を求めて全然結果が出ていない男性は
もう性欲最優先の態度が出まくっちゃうんです

それの状態でその男性自体が
中年だったら致命的な状態です

女性から見たら気持ち悪い存在に
なっちゃうんです

ですから飽きるって言うぐらいまで
女性とのコミュニケーションを
重ねた方がいい・関わりをした方が
いいよ

という考えを強く持ってるんです

私はこの状態になってからいろんな
アイデアが出るようになったんです

なぜならば自分がやりたい
自分のことばっかじゃなくて

女性側は何を出したら興味を持つか

なってことが考えられて

それがヒットした時は

また新しい自分の楽しみになるからです

楽しみの角度が変わるんですね

ただ単に自分の欲求を満たすための
女性ではなくて女性に楽しんでもらったり
興味を持ってもらって
満足してもらった結果に焦点を持っていく事で

男性自身の満足ってものも出てくるからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-モテない理由

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER