男女の差

女性への対応を考える

私たち男性の傾向として
合理的に考える力が強いのが
私たち男性なんです

これは様々なプラスがあります

このような合理的に考える力がある
男性だからこそ
さらにより完全なものを好む日本人の
性質もあり

日本の驚異的な電車の時間のずれの少なさが
再現できたりするわけです

こういった能力があるということは
その裏のデメリットもあるわけです

合理的に考えられることの裏には
感情で物事を考えるのが苦手だ

という面があるわけです

物事は何でも表と裏があって
両方得意というのは、なかなか難しいわけです

感情面が得意で、同時に合理的に
考えられるというのは同時に
同じ人の中に存在させるのは難しいなので

計算に強く合理性がある男性は

どうしても女性関係に苦手意識を
持ちやすくなります

なぜならば女性との関係は
感情が優先になるものだからです

例えば女性との約束を破ってしまった場合

もしもそれが男性同士のものならば

その約束を破ることになってしまった
正当な理由を説明することで

理由を聞き同じ
同性の男性であれば

それならば仕方ないな

という判断を下せるわけです

仕事の関係上では、これでうまく
やっていけます

これが恋愛関係や仕事とは関係ない
個人の感情が主体となる場面では
マイナスに働いてしまいます

なぜならば約束を破られた合理的な理由が
そこでは大切なのではなく

女性側がそれによって気分を害したり

暑い中待ち続けてイライラしてしまった

その感情に焦点を当てないといけないからです

その女性側の感情に
焦点を当てた上で、ちゃんと言語化して
謝りの言葉を作らないといけない

これは男性は苦手です

ですができるようにならないと
なかなかうまい関係が作れない

ちょこちょこ女性側を怒らせてしまう

ちなみに私もこれが苦手です

よって自分に非がある場合

まず私達男性が考えるのは
自分がミスをすることによって

ここに登場する人物の誰が傷つくのか

どのように傷つくのか

どのような感情になるのか

を、まずは推測して

その感情を中心として謝るようにすると

女性側が納得いくような形になりやすいです

私たち男性が自分の感覚で反射的
に言葉にしてしまうと

それはどうしても男性側の考え主体
となりがちです

合理性を中心とした言葉になってしまうので

これはやばいな

という場面では、しっかりと一度立ち止まり

すぐに言語化しないで考えてから
言葉にすると助かる場面が増えます

特にそのミスが大きく、女性側の方の怒りが
大きそうな場合は注意する必要があるので

日頃からこれは意識するように
しておかないと反射で返すことを
習慣にしてしまうと

いざっていう時も反射で返してしまうので
気をつけましょう





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER