会話・言葉

男女の言葉使いのニュアンスの違い。

男性と女性とですと、言葉に対しての
感覚が違う部分がかなり数多く存在しています。

この言葉に関しての感覚の違いが、
最初の頃はそこまで大きな問題にならないのですが。

長い時間一緒にいると、徐々に食い違いを生んだりして。

なぜ、この人はこう言った言葉を使うのだろうか。

といった問題に発展しやすくなるんです。

私達が他人とコミュニケーションをとる時。

最も必要となるのは、結局は言葉になります。

言葉を通してコミュニケーションをとるので。

一番利用頻度が高いのが言葉になります。

ですが男性と女性とでは、言葉の使い方。

言葉への取り扱い方が違うことがわからないと。

男性は男性側の言葉の使い方。
認識をベースに使う。

女性側は女性側の言葉への感覚。
認識をベースで使ってくる。

結果、そこに大きな違いが生まれてしまい、違和感であったり。

女性側が不機嫌になる原因になってしまう。

お互いに理解をして歩みをれれば最も良いのですが。

基本的には人間は新しいこと
を知ろうとはしないのがベースなので。

特に大人になった後。

人間関係のコミュニケーションについて改めて疑問を持つ。

ということは、ほとんどしないです。

ほとんどの人は、自分の今使っている
コミュニケーションの様式に疑問を持たない。

これで正しいと思ってしまい。

それを改善する機会がないのがほとんどの人です。

ですが現段階で女性とのコミュニケーションがうまくいかない。

と感じるならば、こういった点から
見直していく必要がありますし。

見直すことでやっと男女では、言葉への認識が違うんだ。

これはお互いが分かり合ってる。

お互いの使っている言葉は、
共通の認識のもとに使われている。

と思ったら食い違うな。

ってことが分かってくるわけです。

男性の場合。

言葉はそのままの意味で理解される傾向が強いです。

一方、女性側はコミュニケーション・スムーズな
関係構築を主体としたり。

そのコミュニティの中でうまく円滑に
行っていくために言葉が使われる。

よってイエス・ノーを明確にする。

白黒をはっきりさせるためには、
あまり言葉は使わないです。

一方男性は仕事などでは白黒つけたり。

はっきりさせることが求められる場面が多く。

それが正解だと思って、日常会話にも使ってくる。

ところが女性側はコミュニケーション重視
として言葉を使っているため。

男性側の言葉がきついものであったり。

触り心地の良くないものに感じることがある。

コミュニケーション上で女性が求めているのは。

その提案した言葉に対してイエス・ノーを
はっきりさせるんではなく。

あくまでもコミュニケーションとして話している。

だから肯定するっていうことを前提にするのがベター。

ただのコミュニケーションとして前提に考えると。

男性も使って行く言葉がだいぶ変わってくる。

では具体的にどういった展開が必要になるのか。

次回へ





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER