男女の差

男女の役割の違いを知る。/その2

女性側は必要に迫られ結果。

身近な人間や身近な環境に対しての
観察力が高まっていった。

ここから発生して行き、さらに子孫繁栄で
より安定していくためには情報交換をする必要がある。

情報交換をする相手は同じように、
子育てをしているコミュニティの母親である。

ということは。

その母親同士とうまくやっていく能力を特化させるためには。

対立するわけにはいかないから、お互いに共感する。

という能力を特化させた。

まず、ここに大きな違いがあります。

で問題が起こった時に、どのように対処するか。

それぞれ役割が違うので、処理の仕方が変わってきます。

男性は外敵を対象として問題解決をします。

ここではなるだけ迅速に問題解決をしないと命が危ないので。

より問題解決に特化した考え方になります。

よって考え方は合理的になり。

この場面で何をすべきか、何をやらないべきか。

最も最短で今の現状の問題を解決しないといけない。

余計なことは省く。

このような考え方が主体になってきます。

女性側は問題が起きた時は、ほとんどは
コミュニティの中なので。

そのコミュニティの中に、円滑でやっていくことで
解決しようと考えます。

よって使われる言葉は、問題解決よりも
なるだけ摩擦を起こさないように、
円滑にみんなでまとまる方向に向かいます。

なので問題解決よりも、相手の気持ちを優先します。

よって使う言葉が遠回しで、
ソフトな言い回しになりがちです。

男性がここに入って、問題点はここだろう。

とストレートに言葉を発してしまうと。

女性からしてみるとその対応は誤っていると考えられて。

「お前は口を出すな。」

「ここにいるな。」

という態度をとられてしまいます。

このように、お互いのこれまで
必要としてきた能力が違うので。

このような差が生まれるようになっています。

ここは最低でも理解をしておくと、
なぜ女性たちは問題にズバリ取り組まないのか。

なぜもっとはっきり言葉を相手に言わないのか。

などが分かってきます。

言わないように、今までうまくやってきたから。

女性たちはコミュニティでの立ち振舞いが上手なんです。

男性は問題解決しなければいけない。

と思っているので、使う言葉がストレートで、
きついものになりがち。

でも目的は問題解決することが最優先なので、
そのために遠回しな言葉は使えないんです。

それが何万年も続いてたんです。

そのために今でも男性は、遠回しな言葉が苦手。

というのは備わってしまってるわけです。

ですがこれは女性を相手にしていくと考えた場合。

女性側に合わせた言葉、コミュニケーションを
選択しなきゃいけない。

ので男性側がここは対策を練り、
学び、実践していくことが求められる場面です。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER