会話・言葉

楽しく会話をするためには、習慣の関係が大切。

この点を理解をしていないと、結果的に自分が
思っていた関係性と全然違うものになってしまう。

重要なポイントとなります。

例えばある時。

一緒にいる人と、楽しく会話をしようとしても
上手く会話が話せない。

楽しい会話をしようとしても、相手からは。

「うん。」

「わかった。」

などのような返事しか返ってこない。

もっと楽しく会話がしたいのにできない。

こんなケースがあったりします。

これっていきなり、このような形になるものではなくて。

会話をどのようにこれまで作ってきたか。

が、ものすごくその相手との間では影響を及ぼすのです。

これは蓄積型の話になります。

ので単発の話ではないです。

気がついたら楽しい会話が、できないケースの改善策です。

できれば、こうなる前に意図的に会話を操作して行き。

継続して楽しく会話ができる関係を作るためには、
必須の要素となります。

会話がうまく弾まないであったり。

楽しい話題に展開しない場合。

何でこうなるのかと言うと、日頃の会話がものすごく大切で。

例えば日頃から用件を主体とした、会話を積み重ねていくと。

当然ながら、

「わかった。」

「終わった。」

こういった返事しかなくなっちゃうんです。

なぜならば用件を主体とした会話なので、それが終わったか。

終わってる。

あれはやったのか。

やっている。

頼んだものはちゃんと送ってくれたか。

送った。

などのように必要な答えは常に短文で終わって、
目的が明確になっている。

答えしか、そこにはない。

当然ながら、これをずっとやっていけば。

それが習慣化になってくるので、突然自分の気分で。

今日は楽しい会話をしたいね。
もっと色々と話したい。

と思っても、それまでにその形を作って来なかったので。

いきなりは変わるはずがないんです。

二人の間での会話コミュニケーションの形
というのは、日頃どういう形式を取ってるかで決まっていくからです。

突然は変わらないんです。

なので用件を主体とした、伝達ツールを
メインとした会話をつなげていけば。

当然ながら、いざ楽しくなる会話を
しようとした時は、成立しなくなるんです。

そんなの当たり前じゃん。

って思われるかもしれないんですけど。

身近な関係であればあるほど、このミスってやりがちなんです。

では、なんでこういうミスが起こるのかと言うと。

まず会話や言葉は、大きく分けると2種類の使い方があって。

男性が特にミスをしがちなのは、目的を伝えるための伝達ツール。

として言葉を使うという使い方です。

もう一つは考え方、感情、などを伝えて楽しむなどの。

エンタメとしての言葉の使い方になります。

もうお分かりかと思うんですけど。

楽しく会話をしたいのであれば。

普段からエンタメとしての言葉の使い方を
意識しながら、積み上げていかないと。

それまではただの伝達ツールとして言葉を使っていた。

突然エンタメとして言葉を使ってください。

言葉ってそんな簡単に切り替えて使えないんです。

それまでにお互いにエンタメとして言葉を使って楽しむ。

って事を行ってない関係だったら。

それってうまくいくことがないわけです。

大切なので、もう少しお話を続けます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER