コミュニケーション

関係崩壊のキッカケになるポイント。

これは未だに私も行ってしまうミスで
分かってはいるけれども
特に感情が揺れ動いている時に
やってしまうミスです

それはどのようなミスかと言うと
感情が動いてしまって
自分の意見をゴリ押ししたくなった時などに
これが発動します

それは自分が言いたいことを言う

相手側の言っていることは聞かない

ものすごく簡単な事なんですけど
これって凄くやりがち

でも周りと、特に話がすれ違っているときは
めちゃくちゃやってしまっている
ものなんです


一方が感情をヒートアップさせてしまうと
相手もそれにつられてヒートアップしちゃうので
そこで話ししている内容が
完全にすれ違うようになっちゃうんです

特にこの場面で注意しなければいけないのは
自分が言いたいことがある時に
より一層、話や内容が暴走してしま
うということです

自分にこれが言いたいという話があると
相手側が何を言っているのか

それ以外にも言葉としてみた時に

何が書かれているのか

をちゃんと考えないで一方的な発言を
しだしてしまうということです

特にこれは文章上では、かなりやってしまう問題で
相手側の一部の発言を切り取って

そこに対して自分が言いたいことを
言いたいように言ってしまう

で切り取るというのは問題で、
なぜならば相手が言っている事って
文脈の中で成立しているので
切り取られちゃうとちゃんとした意味で
伝わらないんです

切り取りが何でされるのかっていうと

それ切り取る側からすると、自分が発信したいことに
都合良い所だけを抜き出したいからやるんです

そうすると好きなように発信ができるからです

文脈に関係なく、そのポイントだけ

場合によってはキーワードだけを切り抜いて
自分の言いたいことを言う

これやりだしてしまうともう文脈とか
関係なくなるので、結果何の意味もないことを
発信することになる

私たちは習慣として持っておきたいことは
自分の感情が暴走し始めて

自分が何かいっぱい言いたくなってしまった
場合には、一旦

待てよ、相手側は一体何を言っているのか
何を書いてあるのか

を見るようにした方がいいです

そうしないと自分の話が
めちゃくちゃになります

そして結果、売り言葉に買い言葉になって
思ってもいないような暴言を
吐いてしまって関係が悪くなっていく

なんて展開になるので
かなり注意が必要です

人間は一部の人以外ちゃんと意識的に言葉を
扱わないと正しいコミュニケーションって
取れなくなる傾向が強いんです

自分の言いたいことを言う

相手の言ってることは理解しない

ただ自分が発信することのみに集中を
してしまうと、この傾向が強まるんです

ここはほんとしっかりと意識してた方がいいです

特に Twitter とか見てると分かるんですけど

めちゃくちゃです

こんなに今って文脈を考えないで発信する人って
多いのか、って思う事が多いです

私たちが訓練としてやるのは
文脈をしっかり理解した上で

みんながどういった発信をするのだろうか
という意識で見れるようになると
自分の訓練にもなりますし

文脈を読めない人ってどれぐらいいるのか

の現実もよくわかります





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-コミュニケーション

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER