男女の差

女性と男性とでは環境に対しての感覚が違う

私たち男性ならば誰しもが経験した
ことであろうポイントがあります。

そして多くの男性が一度は不満に、
思ったことがあると思います。

それが過ごしている場所の環境に対しての
感度の違いです。

男性は例えば夏ならば暑い。

冬ならば寒い。

これは季節なので当然のことだ。

と思っています。

気温の変化には全然強いんです。

多少汗が出たところで暑いんだからあたりまえ。

寒いのであれば着ればいいんだ。

の考え方をします。

ところが一緒にいる女性は、どのようなことを
言うのか,、、、。

暑い時にはものすごく暑くて不快と言います。

寒い時は寒くて手足が痛い。

と言います。

そしてお腹が減ればお腹が減った。

と言って不機嫌になります。


そしてすぐに疲れたと言います。

すぐにお茶しよっていいます。
休憩しよっていいます。

の割には買い物はひたすら長いです。

そしてすぐにお茶します。

これを私たち男性側から見ていると
めちゃくちゃわがままだし、うるさい。

暑ければ暑いっていうし、
寒ければ寒いって騒ぐし、

我慢しろよって思うんです。

これがキャンプとかになったら、、、

キャンプ嫌いな女性って多いんです。

なんでわざわざあんな虫がいる所
不潔な所に行かなきゃいけないの。

っていう女性は多いです。

そこでも不満がいっぱい出やすいです。

私たち男性はここまで快適、不快に口うるさくありませんし。
我慢します。

ですが、これは私たち男性側が知って
おかなければいけないことです。

これは男性と女性の生物としての決定的な違いで。

この差は絶対に埋まらないってことです。

そしてなぜ女性がこのようなことを口にするのか。

というのも仕組みとして理解しておけば。

ものすごく納得できるので、男性はみんな
知っておいた方がいいなと思っています。

女性は自分がより快適な状態で体調が良くて、
ご機嫌な状態でないと、より良い状態で
子孫が残せないんです。

そのために自分をより良い状態にしておく。

っていうのは、子孫繁栄の上では非常に重要な事なんです。

それでいて、ものすごく基本的な遺伝子の命令なので、
自分に関わる環境に関してのチェックにうるさいんです。

それに実際に子孫を育てていく上では、
環境の変化というものをいち早く察知して。

自分にとって不快である=子供にとっては
もっと不快であるにつながるので。

環境の変化に弱い子供を育てていくためには、
自分自身も環境の変化には、より敏感である
必要があったんです。

これに対して鈍感である女性の子孫は、
なくなる確率が高かった。

よって現在残っている子孫は、より環境の変化に敏感で
すぐに気づける女性達が残した子孫が
中心となっているんです。

なので女性は環境に対して敏感で快適であることを
望み、清潔であることを好むのです。

男性はもっとシンプルなんです。

なぜならば快適とかは関係なく。

ただ獲物を狙って取ってきて。

そして子孫繁栄のためにとりあえず一発やれれば。

それで事足りるからです。

その後のことは女性任せ。

なのが男性のこれまでの遺伝子に残されている
形なので、男性は環境に対してそこまで
敏感である必要はありませんでした。

環境に対して敏感なのは、狩りをする上では
邪魔だった。

なので、そこら辺はどうでもいい。

それよりも周辺の環境をいち早く察知し、
要領よく獲物を撮ることの能力を高めた方が
良かったんです。

なので男性は今の時代には、女性に合わせる。

女性がこの男性といると快適だな。

って思わせるためには、女性側の環境について
私たち側が、より強く意識しないといけないんです。

じゃないと男性側は環境に対しては鈍感であり。
無頓着なので。

結果的に環境に敏感な女性に対して、不快感を
持たせてしまう結果になるからです。

これらのことが理解できていれば、女性が

このような環境に対して、うるさいくて面倒。

って思ってしまう確率をぐっと減らすことが
出来ますし。

なぜかがよく理解できるはずです。

そして私たち男性はこの点に対しての意識の持ち方を
変えなければいけないんだな。

ってことが分かってくると思います。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-男女の差

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER