美女ゲット論

これからの私達の一つの進んだ方が良い方向って何か/その4

アート活動の良いところは表現できる場所が
広がるんです

一般的に性的な活動というのは活動できる場所が
非常に狭められてしまうんです

しかしこれをアート活動という隠れ蓑を用意することで
活動できる場所が一気に広がるんです

もちろん表現するものはハードからソフトなものまで
あるので、あえて表面的ソフトな活動だけを見せる

で、そこを入口にしてハードなものも
見てもらう、そうすることで一体その先には
何があるのかが女性には伝わるので

それでも引き続き興味を持ってもらった場合は、
この先にどういった展開があるのかは
容易に想像がつく

もともとエロスのアート活動なので
必然的にそうなっていく事は一般的な想像力が
あれば理解はできる

私達が中年以降になっていくと
どうやったって清潔感というのは
失われていきます

で清潔感を失われて、ただ単に性欲に支配されて
女性を誘って行く男性って

どう考えても女性から見たら気持ち悪いな

と思われて当然なんです

でもそこにアートという男女の間の共通の興味
というのを置くことによって
イメージがめちゃめちゃ変わるんです

アートの要素を入れている男性は
年齢が中年であってもアートというもので
イメージが全然変わるんです

アートの活動をやっている男性

イコール

不潔感

とはイメージできなくなってしまうんです

アートと結びついたイメージが女性の中に
作られる、そうすることでより男性としての
イメージがその段階で良いものに変わるんです

年齢が上がれば上がるほど
私たちは提供できるもののレベルを
上げていきたいんです

いつまでも女性に

「会いませんか?」

って連絡をするって何か寂しい感じがするんです

いつまでもその誘い方をしていると
50代になって20代の女性を誘う時に
上記の言葉だけを使い続けていると

若干バカっぽく見えるな

と思ってるんです

例えば50歳の男性が20歳そこそこの女性に

「綺麗ですね
会いませんか
お食事しませんか」

って誘うのって何か魅力的じゃないんです

だって冷静に考えて
この誘い掛けが成立する理由が無いから

この場合、男性だけが得する形になっている

でもそれに気づいていない

だからちょっとバカっぽく感じる

この年齢になるまでにもっと違う誘い方って
作れたんじゃないか、、、

と思ってしまうんです

全然違う立ち位置を作っとけば

むしろ女性の方から、

素晴らしい活動をしていますね
すごく興味があります
私と知り合いになってもらえませんか

と言われる立ち位置って作れるはずなんです

で、それを作ってこないで
いつの間にか50歳になっちゃったのは
すごくもったいないなと思うんです

私達は生きてる時間が決まっているので
その中でいかに普通の男性には決して
経験することのない道を選んでいく

一般的に経験する事の無いエロスの場面を
見続けるって、これは男性として生まれてきたからには
やらないと損だなと思ってるんです

ということで今、私はそういった
今までよりも何ランクか上へと
ステージを変えて

それでいて興味を持ってくれる女性のレベルを
変えていく活動というのに着手していきたいと
考えている訳です

今後また引き続き色々とお話をしていきたいな
と思っています





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-美女ゲット論

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER