女性の特徴

長期的な関係に向いている女性と、向かない女性

知っておいた方が良い性質として
男性は基本的に既婚者であろうと
独身であろうと協調性がない人が多いです

その中でも、協調性がある人が既婚者と
なっていきます

協調性が無い男性が無理して結婚をしても
上手くいかなくなる確率が高いです

一方

女性は協調性が高い人が多いです
協調性が高い人は結婚をする割合が多いです

女性側で協調性がなくて独身な女性には

一人でいる方が気楽
と思っている人が多くなります

既婚者の女性も男性も協調性が高い人が多い

結局ここにもその人の生活スタイルを
分ける性質部分が見えるわけです


ということは

もしも自分が一緒に生活をする

という選択をする場合は相手側の

女性は一人が好き

であったり

独身でいたい

と思う気持ちが強い人を選ぶと

協調性のない人である可能性が高い

つまりそういった相手に対して
協調性を必要とするような共同生活を

ゴリ押ししようとしても、それは上手く
いかない確率が高い

人間は短い間ならば、好きな相手の為に
我慢をする事はできる

が、しかし・・・

それは偽りの自分である

という事にいつか気づいてしまう

その内に、無理していた偽の生活から
通常の生活に戻りたくなるから

必ず・・・なるから

嘘をついた付き合いは自分のメンタルにも
悪い影響を与える

自分を騙していても自分は知っているから
その内に無理・しわ寄せが行く

だから結局は、自分が本当は一人でいる事を
好ましく思っていると、無意識レベルでも
そっちの方に自分を持っていってしまう

ケンカをしたら、無意識により悪い方向にいって
しまうであろう言動を選択する

人間は自分が望んでいる方向に自分を
向かわせてしまう言動を選択してしまう

自分がそう望んでいるから

自分でそれを明確に理解していなくても
自分はどこかでそれを理解しているから

自分自身が

女性との間には、協調性のある関係円満に
お互いに歩み寄ってやっていきたいな

と思っている場合は

その女性が一人を強く好んでいる女性の場合

適していない相手である

と考えた方がいいわけです

人間の強い本質は変わらない

だったら変えるべきポイントは、女性の強い性質部分
ではなくて、自分自身が持っているソフトな希望
であるならば、そちらの方になります

ベタベタした若干依存をしたような関係を
男性側が求めても、女性はそういった付き合いに
嫌悪感を持つならば、それは無理強いはできない

強制し続けてもいつかは

「NO
あなたとは合いません」

ってなってしまう

で、お互いに歩み寄る事は、円滑な関係を作る
ためには省く事ができない要素

でも協調性が無い人はそもそもが

その歩み寄るという事の性質が低め

だから協調性が無い人なのだから

自分の希望を多くかなえてもらいたい

お互いに協調してやっていこうよ

を求めるならば

最低限でも、それができる性質を持っている
女性でないと不可能である

って事はつまりの所

協調性がなくて
合わせるつもりもなくて
一人でいる方が気楽

っていう女性に、歩み寄ってもらおう
お互いに譲歩して円滑にやっていきましょう

と持ちかける事が苦戦をしてしまう大元

だから、その女性はずっと独りだった

だから、独身だったりするわけです

相手に無いものを求めるのは無理です

相手に無いものならば、求めるのをやめるか

相手を変えるか





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女性の特徴

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER