レベルアップするために

自分をスピード早く変化させていく方法

自分をスピード早く変化させていく方法で
最も大切になることの一つ

興味を持っておく

っていうのが非常に大切なんです

興味を持ってない人って

目の前にある貴重な情報が
どんどんどんどん滑り落ちていくんです

それでいて自分がふと思った時に

何すればいいか

ってなるんですが、それだと手遅れなんです

だってそれまでの間に情報は大量に
あったんです

なのでちゃんと意識して興味持ってる人が
成長が早いんです

対象に対しての五年間、興味を持った状態で
すごした人

対象に対してあまり興味を持っていないで
ただ漠然と過ごしてしまった五年間

二人の間には埋まらないような差が
できちゃうんです

なので早い段階で自分がこうなりたい
この分野ではこういう良い状態になりたい

と決めることができれば

その分野でのレベルが上がっていきやすいんです

ただそれを欲張って、あれもこれ、、、

って行ってしまうと、意識が分散することになって
結局、散漫な状態になっていくので

自分がこれからの生活で絶対にここだけは
外したくないってポイントに
意識を集中させた方が進みが早いです

マルチタスクとシングルタスクだと
シングルタスクの方が、より進みが早くなる
ようなイメージです

ただここの場合は一つに絞るんじゃなく

自分の中でここは絶対に外したくない

というポイントなので、ある程度複数あるのは
良いと思います

ただそれが10も20もになってきちゃうと
マルチタスクのような状態になるよ
っというイメージです

例えば女性関係が苦手な男性って
めちゃめちゃ多いんです

で、苦手で具体的に何かこうなりたい

っていうのがあるのかって言われると

ただ漠然と、苦手だなぁ、、、

と思ってるだけで具体的な行動には
起こしていかないんです

でも具体的に考えて、女性ってどういったことに
興味を持っていて

今目の前にいる女性は一体どういったことを
されることを望んでいるんだろうか

って考えられて

都度都度その目の前にいる女性の話を聞く
ことができていれば

色んなことが見えるようになるんです

そしてある時に、ふっと自分の中で腑に落ちる点が
見つかって、女性達にある程度の
共通点があるな、、、って気づき

ってことは、このポイントをつくようにすると
多数の女性が求めているものを
提供できる男性である

といった表現がしやすくなるな

そういったことが分かってくるんです

しかもそれって一つ分かればいいって
問題じゃなくて、それをずっと積み重ねていく
ことで感覚的にも意識的にも場面場面によって
その引き出しに入っている内容を
出しやすくなるんです

こういったことを積み重ねていくことで
迅速に適切な言動が引き出せるっていう状態になって

それが結果的に女性から見ると

一緒にいて快適な男性である
一緒にいて楽しいと思わせる
源泉になってくるんです

ここの差って一体何が生んでいるのか

っていうと、それまでに意識し続けてきたこと

になります

そうなるとここが抜けてると、うまくいかない
点があって

結局のところ

その対象に対して興味がないと、そもそも意識を
持つっていうのも面倒くさくなっちゃうんです

例えば仕事をして、その仕事でより良い状態に
なりたい、、、でも目的はお金だけで
それ以外に興味ないとすると

そもそもは興味あるのはお金になっちゃうので
それ以外で必要になる部分に
興味が行かないんです

そうするとその活動って、うまくいかないんです

女性関係でいえば、目的が新しい女性達と
性的関係をエンドレスに
作っていく事とします

でもその興味の対象が自分の射//精だけだったら
それ以外の所に興味がないので

結局自分が目的としている状況を作る工程が
創り上げることができない

その工程に興味を持てないから

そうするとその活動はやっぱりうまくいかないんです

仕事の場合だったらその仕事を上手くやっていく
過程を楽しむ

女性関係であれば、そもそも女性の生態に興味を持つ

この根底に興味がないと

それってうまく行かないってことです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-レベルアップするために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER