会話・言葉

女性が言っているその言葉は、「断り」と理解するケース

本来はポジティブな言葉なのですが

他人から言われる、その文脈によって

ネガティブな意味として受け止めないと
いけないケースがあります

例えば・・・

すごい優しいから
友達のように感じてしまうんだ

と女性に言われる

すごく真面目すぎるから
ちょっと適当でもいいんじゃない

と言われる

私みたいな女性には、あなたはもったいない
もっとあなたを幸せにする人を
見つけた方がいい

などのようにポジティブに
受け取る言葉を

文脈上ポジティブには受け取れない
という形で出されたら

それって

裏の本当のネガティブな意味がある

と受け取った方がいいです

例えば

友達のように感じてしまう

というのは

興味を持てないので
異性としては見れません

という断り文句ですし

真面目すぎる

というのは、考え方が融通が利かなくて
頑固で面倒だ

ですし

あなたには私はもったいない

は、

私はあなたに興味がないです

ですし

優しすぎる

は、優柔不断すぎて私は好きじゃない
好きにはならない

などのようなネガティブな意味があります

言葉自体の意味を捉えるよりも
その文脈で捉えた方がいいです

文脈としてネガティブであれば
その言葉はネガティブに表現されている

って考えた方が良くて

その時は文脈を見て、相手の口調を見て
表情を見たりするとよく分かります

明るい口調で楽しそうに話をするならば
それは良い意味で

平坦な口調で淡々と言われている
もしくは表情に困ったような表情であったり
少し怒りが見えるような表情であれば
ネガティブな意味で言っている

と捉えると良いです

特に男性が女性にアプローチをして
女性から返ってくる言葉は
文脈を大切にした方がいいです

女性はストレートな断りの言葉

男性がわかりやすい断りの言葉

は言わずに、まずは遠回しな表現で言うからです

まだ友達としか見れない
もう少し友達でいたいならば

「あなたとは付き合えないです」

と言った断り文句ですし

色々な理由をつけて距離を取りたい

と言われたら、 別れて下さい です

あなたの意見は一切求めません
私はあなたと別れたい

という明らかな意思表示なので
そこから頑張っても大体うまくいきません

のように男性にしてみると言葉って
なかなか難しいです

言われていることをそのままストレートに
受け取ったらいいことばっかじゃないからです

特に男女関係であったり
利害が関係する人間関係だと

この点をある程度、予測して行かないと
いけないので、この予測する力が少ないと

人間関係で苦労することが多くなります

ので漠然と言葉を聞くんじゃなくて
大切な場面では相手の表情などを込みで
総合的な判断をするような
癖をつけないと失敗することが増えます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER