会話・言葉

いつでも簡単に女性と接点が作れる一つのポイント

今日はこのポイントをしっかりと
再現できるようになっていると簡単にいつでも
関わる女性って増えていく

っていうポイントをお話ししていきます

まずはこれは私が女性達とお話ししている時に
ちょこちょこ出てくるテーマのお話なんですけど

女性側がキャバ嬢であったり
/風/俗/をやっている女性と話をしている時に
出てくる一つのケースとして

彼女たちはうまく仕事をやっていればいるほど
常連のお客さんを抱えています
必ず抱えています

で、その女性たちに話を聞いていく時

男性達ってどんな男性達が
いるのか、って話になると

その中で気になった存在は

「話だけ」をしに来る人がいるって事です

/風/俗/なのに話をメインにする常連のお客さんが
いるんです

しかも長時間を確保して話をしているんです

数万円コースです

キャバクラは分かるんです
話を聞いてくれる若い女性で可愛い子
がいたら、それに熱中するのは分かるんですけど

/風/俗/でもそういったケースがある

性的なものにお金を払うんではなく
一緒に人肌を感じながら話ができる

って事にものすごく価値を感じる人たちが
一定数いる

そしてそれが今までに一人とかじゃなくて
複数存在する

っていう話を耳にしたりすると

やっぱり多くの人は自分の話を積極的に
聞いてもらうっていう状態が不足してるんだなー

ってことが分かると思うんです

そうすると接点を作る時に何をするのか

って言うと

ここまでの話をシンプルに表現して活動を
しようと考えると

話を聞きますよ

最初にシンプルに考えてしまうと
思うんですけど

それを少し変えて表現をするようにすると
女性がアクションを取りやすくなるんです

そこには女性側がアクションをしたくなるような
何か看板を掲げてあげればいいんです

これこれこういった理由があるから
私はこの人と話がしたいんだ

と思ってもらえれば

そうするとあとは簡単に接点って作って行けます

私達男性側は話を丁寧に聞くという立場を
取ればいいんです

私達は話を丁寧に聞く理由付けって

何かないかな

この人だからできる事
って思ってもらえる看板を立てる

っていうのを念頭において考えていくと

その答えはいろんな角度で見つかっていく
と思うんです

自分の話をより深く聞いてくれる
自分の感情から話ができる相手

っていうのは貴重な存在になるので

それができるようになると自分の周りに
複数の女性が存在する

っていうのは当然のことになるんです

ただその状態になるまでに何をフックにして
その関係に持っていくのか

っていうのを考えると良くて

その時には自分が何か専門的なものを
所持していれば、それが可能になるんです

専門的なそれ

というのは別に本当に専門性がなくてもよくて
演出で作れるもので十分なんです

目的はあくまでも女性側が自分を主人公
として熱中して話ができる

って言う関係を作ることだからです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER