自分を知る

男性の人間関係の逃げ場所はどこか。その作り方は。

私も男性なので周りを見ていれば
わかるんですけど

・・半分以上(ここに私も含まれます)

大した男性ではないんです

持って生まれた華やかさが
あるわけでもありませんし

頭脳明晰なわけでもありませんし

もちろん飛び抜けたようなルックスが
あったり

才能があるわけじゃなく

仕事やらせてもパッとしないと思うんです

半分というか、、、.6割は
ここに当てはまるんじゃないかな
と思ってるぐらいです

そしてこれは私の少し偏りが入った考え
なんですけど

人間の社会っていうのは

そもそも母系制だと思ってるんです

どういった意味かって言うと

これまで古い考えの持ち主だと

男性中心で世の中は回っている

って思ってたと思うんです


でも実際に今、冷静に周りを見てください

例えば家族コミュニティが作られたとします

そこは母親が中心となって回ってます

で、もしもそのコミュニティが崩れた場合

ってどういったコミュニティの
再構成になるかって言ったら

コミュニティから父親が出ていく

ってのが、ほとんどのケースです

そして、またそのコミュニティに
新しい男性が入ってくる

これが人間社会で多く見られる
家族コミュニティの形なんです

そうすると家族コミュニティの中心
というのは、あくまでも女性が中心
となって作られてるんです

つまり、私達男性ってどうやったって
コミュニティの中では弾かれやすいもの
なんです

能力的にも、男性が特化してる能力って
外に行って戦うぐらいなものなんです

(現代ならば仕事して
家族への任務を果たすぐらいです)

で、冒頭でも言いましたけど

特別な能力を持ってる男性なんて
そんなにいなくて

6割かそれ以上が平凡か、それ以下

(数字的にはおかしいですが
感覚値の話なのでお許しを)

あまり使えないのが男性なんです

で、これ受け入れた方が楽です

自分はこんなはずじゃない

とか

こんな女性では納得できない
もっといい女性がいるんじゃないか

とか

色々考える男性多いんですけど

実際にそれ、今うまくいってなかったら

もっと俺はこうじゃない

もっとできる

っていう考えは、そろそろ諦めた方がいいです

今までやってきた結果が自分だ
って考えないといけないです

で、その上で私たち男性は、
もう少し対女性に関して
考えて、戦略を練って技術を
練ってた方がいいです

漠然とした感覚に任せてると
うまくいかないです

今うまくいってない人って

漠然と考えて
漠然と動いてると思うんです

私達は、まずとりあえず何にしても

言葉と文字

というものを上手に使えるように
意識しないといけないです

女性関係がうまくいかない人って

まず、ここが絶望的なまでに弱いんです

色々と、あれもやんないとこれもやんないと

って思うかもしれないんですけど

ある程度見た目を整えたら

次は徹底的に言葉と文字について
取り組む必要があります

続きます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER