雑談・セクシャリティ版

女性遊びでの病気のリスク

今回の話は女性遊びをする男性として
知っておいた方が良い内容です

いわゆる”病気”に関わる事です

子宮頸がんに関する事

子宮頸がんの8割は人からの経由でなって
しまうものなんです

女性の場合は

・男性遊びが多い女性

・付き合っている男性が女性遊びが多い場合

になりやすいって事が分かってるんです

ウイルスによって子宮頸がんになってしまう

で、そのウイルスはゴム無しでの行為が
感染するルートです

さて、これって私達には他人事ではないですね

というのも、私達が関わる女性は基本的に
性的に奔放な女性が中心となり

そして私達自身も多くの女性と関わる

100%ゴム装着できるかと言えば
これは多分、誘惑に負ける事もあるから
100%とは言い切れない

よって私達はこの点では中々のリスクを抱えて
いると考えていた方が良くて

しかも問題なのが

男性側はそこまで深刻な展開にはならなくて
女性側は深刻な展開になる子宮頸がんですから

なので自由に遊んで
その結果、女性パートナーにうつしてしまう
ってのが問題なんです

これは遊べば遊ぶほど、そのリスクは高くなるわけです

分かりやすい例としては

妊娠をした妊婦は子宮頚がんの検査をするのですが
そのウイルスが発見されるのが
5%なんですが

これが性経験がひたすら多い、/風/俗/嬢になると
その確率が飛躍的に高くなるわけです

その割合は約50%

ここから分かるように性経験量が多くなると
このウイルスは抱える確率は高くなるわけです

※ゴムの装着率が高くなればなるほど
その確率は低くなるので、やっぱりなるだけ
ゴム着用っていう事になっていきますが

必要以上に怖がると、自分の活動がしづらく
なってしまいますので
丁寧に活動をする

完全には無理ですが、予防策はちゃんと
意識して行う

そしてやっぱり、一番リスクが高いのは
多くの性経験がある相手になるので

/風/俗/嬢はやっぱり、関わる女性の中では
もっともリスクがある属性の女性である事が
分かってくると思います

よく今は一般人の女性も性に奔放な人が
増えているので一般女性だからといって安心は
できないと言われる方もいるのですが

ここは数字で考えれば、比較にはならない

っていう現実は分かると思います

プロ
週5勤務×日2人(少なく見て)×50週×5年
=2500人

少なく見積もってこれです

一般女性がこの数字になる事はありえないので
どう考えても一般女性の方のリスクも
プロと同じぐらいある

というのはありえないわけです

という事で遊ぶ場合は、やっぱり一般女性をメイン
それでいて、そこまで性に奔放ではない女性

奔放な女性が該当した場合は、その場合は
100%のゴム着用を義務付ける

によって、確率はかなり低くできると考えています

後、パートナー女性には子宮がんの検査の
大切さを切々と説くといった地味な
啓蒙活動も行うという行動もおすすめ
したりします





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-雑談・セクシャリティ版

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER