学び・知識・知る事

人間関係を作る際の参考となる数

人間関係を作っていく時に知っておくと
参考になりやすいのが、人間ってどういった
単位で今まで人間関係を構築してきたのか

を知ると自分の体感としても理解できますし

無理に知り合いを増やすというのは
物理的に意味ないんだ

ってことが分かるんです

人間はある程度の単位までの人数しか、人間関係を
認識・構築できないからです

なので、これを数字として押さえておくと
今後のあなたの人間関係を構築していくときの
参考になりやすいものだと思ってます

人間関係でまとまっているもので
私たちがよく知っているのは

例えばバンドがあります

バンドはボーカル・ギター・ベース・ドラム
+1ぐらい大体4人から5人ぐらいで
構成されていることが多いです

X JAPAN・・・5
SMAP・嵐・・・5
サザン・・・5
などなど

思い浮かべてもらうと納得できると思います

他のアイドルグループなども5人が
基本メンバーで構成されることが多いです

5人を中心とした人数ぐらいが
最小のコミュニティ単位となりやすいです

何で5という数字がグループとしての基本なのか
と言うと人間の最初の「仲間コミュニティ」の単位に
一番近いからなんです

5というのは自分の兄弟・姉妹イメージさせる
単位なんです

これより多いと兄弟・姉妹といった感覚って
なくなっちゃうんです

それで大体5が兄弟・姉妹感覚の限界なので

自分がすごい親しい相方・親友って呼べる
人数は大体5以内が限界なんです

私は3です

体感としてこれ以上増えると
感覚として、その親友という関係よりは
薄まるなっという感覚を持ってます

なのでどんなに仲良い人間を作っても
5人が上限なんです

自分の感覚として、もしも協力をしたり
どうしても困っていたら、自分がネガティブな
影響を受けても助けたいと思うのは

大体この範囲になると思います

これ以上の人数になっちゃうと、できる気がしない

そして次の単位は30~50ぐらいです

これは狩猟時代なんかで群れていた単位が
だいたいこれぐらいの単位なんです

この単位で狩りを行ったり
移動生活をする、という形になっているので

30~50という数字が自分のもっとも重要なコミュニティ
の周りを囲んでいる人間関係です

例えば友達であったり、親戚であったりなどが
この範疇に入ります

で、これらの人間の構成の形が分かると

またもう一つ自分の時代を遡ってもらえれば
わかる人間関係のコミュニティがあります

学生時代

小学校・中学校・高校を思い出してみてください

大体クラスは30~50人ぐらいでまとめられてた
と思います

そしてそのクラスの中でまた仲良いグループが
5人単位ぐらいで分かれていたと思うんです

10人単位でのグループって、ほとんどなかった
と思うんです

男性と女性で、まず性別で分かれて

その性別の中での気の合うグループで
だいたい分かれていく

人間のコミュニティの作り方って
やっぱりこの数字に沿った物が
より自然でうまく回っていきやすいから
こうなってるんですね

続きます





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER