レベルアップするために

最初から効率良い活動はできるのか?

目的をめざした行動・活動があるとして
最初から、効率よく「だけ」やっていこう
って考えると

多くの人はそれが思ったようにうまくいかないです

場合によってはカモにされてしまうような
こともあります

というのも、実際に効率が良い方法
というのがあっても、それはそれを瞬間で
理解してすぐに使いこなせるような人であれば

その効率的な方法というのは確かに
役立つ事になります

でも私も含め一般的な人は、その効率的な方法が
わかってもそれすぐには使えないんです

で多くの場合は自分が、この方向に行こう
と思ったら非効率的なこと

むしろ効率が悪い行動かもしれないけど

今、自分ができるものから淡々とり
組んだ方が良いです

例え街で声をかける活動なども

ある程度やり続けると、効率がいきなり上がるんです

その効率がいい段階にたどり着いたら
これが効率いいです

と話ができるんです

でも一般の人はその状態に行き着くまでは
効率が悪いことをやり続けて
やっと効率が良いところにたどり着くんです

会話とか言葉というのが、うまく使えるようになると
さらに効率が上がっていくんです

自分の中での最高の効率を目指すのであれば
この点の技術向上は必ず必要です

だから効率を上げるためには話が
上手になった方が良いのは確かなんです

ですが普通の人は、その効率が良い会話が
できるようになるまでには効率が悪い活動を
ずっと続けないといけないんです

それである段階で効率が良くなるんです

という事は

活動初期の段階では、必ず、ずーと効率が悪い時期が
あるって事を知っていた方が
現実に自分の活動がマッチします

それと、もう一つ知っておいた方がいいのは

私たちにとって生活と密着している
仕事などにも共通する事です

仕事もこれまた同じ

いや、それ以上多くの人が関わり複雑になって
いる以上、自分だけの力ではどうにもできないです

なので

普通の人は自分が大量にやり続けた作業に
対して見返りはすごく効率が悪い見返りしか
返ってこないんです

でも普通の人は、全員そうだ

と思った方がいいです

私たちは効率悪いことをやって見返りとは
言えない内容を受け取る

これが普通って考えると自分がやっていることが
すごく効率が悪いものだ

って考えなくなっていきます

(試しに周りにいる、普通だなと思える
友人に聞いてみてください
自分がやっている作業量以上のリターンがあるよ
と答える人、ほぼほぼいないはずです)

んで例外の話

私の周りでも、効率がめちゃくちゃ良い仕事とかを
してる人っているんです

で、この人達、1人1人にこれまでの成長過程の
ケースを詳しく聞いていくと
明らかに頭の出来が違うんです

大体、小さいころのエピソードがあります

周りとはとびぬけたナンチャラって
話がまあ大体出てきます

むしろ出てこない人いません

で、その人達は
一つのことを聞いて、ものすごく多くの理解を
しちゃうんです

小さい時から、周りとは馴染めないぐらい
頭が良く、もう既に考えられることが違う

本人はこんな頭の良さなんていうのは
大したことない

って必ず言うんです

努力だっていうんです

でも同じような話を聞いても理解できる深さが
違うんです

一緒にいて、それをずっと見ていると
結果的にこの人が、なぜこんな効率的に活動
できるのかがわかるんです

で、それを見ながら私のような普通の人は
こんな効率いい活動ができない

むしろ効率悪くてもしょうがないから

その分何か、この人とは違うものをやるしかないな

つまり結局は、普通の人は大量の量をこなして
それなりのリターンをもらう

という、結局先程から言っているような
効率の悪い活動に収まっていくんです

すみません

夢のない話で・・・





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-レベルアップするために

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER