印象

印象付けは、思ったようにいかない。

女性関係で苦戦をする一つの理由として。

私たち男性側が女性側に、自分で思い描いている印象を
与えたいと考えているのですが。

それが自分が想像している・イメージしているようには
いかないので、自分が思っている自分のイメージを
女性側に受け止めてもらえていない。

自分がそのイメージを持ってもらっている。

という上で、やっている言動というのが
うまく女性側にヒットしないんです。

そもそもの印象付けがうまくいかないので、自分が
やっていること・言っていることが、また違った
受け取られ方をしちゃうんです。

これは、ずっと人間関係・女性関係でつきまとうことで
自分はそんな意味で言ったつもりはない。

ということが、間違って受け取られて自分が想像して
いなかった方向に展開していくってことは
本当によくあることなんです。

理由としては当たり前の事なんですけど。

まず、私達男性側は女性側のことを的確に、知ること
ってできてないんです。

ということは、私たち自身のことを女性側に的確に
理解してもらうこともできてないんです。

まずはここを理解していくことからがスタートに
なるんです。

これを考えていくにあたり、私たちは自分の印象を
狙った方向で持ってもらうために一体何をしているのか。

これを考え意図的に印象を作っていくって考え方が
大切になるんです。

多くの場合は、自分のそのままの姿で、特に意図的に
何も作っていない状態で。

自分はこういった印象を持たれているんだろう。

自分の考え方・自分のタイプはこういったタイプだから。

そのように受け取られているだろう。

と、基本的には根拠なく期待しちゃってるんです。

その根拠のない期待をベースに、女性への言動を行って
いるので結果的に信用してもらえなかったり。

好きになってもらうことが難しかったりするのです。

自分がこう見られているだろう。

という自分の主観だけでやっているので、そういった
展開になりやすいんです。

例えば女性から見て好意的に受け取られる
キャラクターだ、と自分のことを思っているとしても。

好意的に受け取られるような印象付けを
するための準備を、自分にしていなくて。

ただなんとなく、こう見られたいな。

という自分の願望を入れているだけで。

その段階で、かなりボタンの掛け違いが起こっているんです。

自分は好感を持たれやすいキャラだ。

という前提で、踏み込んだ話や会話などをすると。

女性からすると、

「この人、いきなり馴れ馴れしいな。」

であったり。

「踏み込みすぎて距離感が嫌だな。」

と、思われてしまって。

そこから距離を取られたり。
嫌悪感を持たれてしまったり。

などの展開になりやすくなるんです。

この根本の問題部分はどこにあったのか。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-印象

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER