判断方法

他人の評価があまり参考にならない理由。

他人のことに対しての評価・判断の仕方は
人によってかなりバラバラな評価になるものです。

その上で、人の評価ってあまり参考にならないことが
多いんです。

大きな理由としては。

話をしていて、例えばある人間の優秀さ・能力について
話をする場合。

第三者に対して、その人の優秀さ・能力についての
評価を伝える場合は、

客観的な事実に基づいた判断をすることで
他の人から見ても、より公平な判断は出せるものなんです。

ここのポイントが大切なポイントで。

客観的事実で判断をすれば、他の人から見ても
評価の基準が一致しているので、そこまで
その人の評価が実態と大きくズレる事って無いはずなんです。

ここで適切な判断ができない人は、どういった判断の
仕方をするのかと言うと。

自分の感情を最優先にした判断の仕方をする。

つまりこの場合、優秀な人間であるかどうか。
能力が高いかどうか。

というのは客観的な事実ベースを元にして判断を
下して、それを言語化すればそんなに現実と
外れないはずなんですが。

感情優先・自分が受けた印象・自分が被ったメリット
・デメリットを優先にして判断を下すと、

偏った情報を元に判断する事になります。

そういったタイプの人の評価であったり、話っていうのは
あんまり参考にならないんです。

では、このような客観的事実を見て、この人間は

優秀でしょうか、無能でしょうか。
能力は高いでしょうか、低いでしょうか。

出身校
オクシデンタル大学
コロンビア大学
ハーバード大学

受賞
ノーベル平和賞
教養学士(コロンビア大学)
法務博士(専門職)(ハーバード大学)

この客観的事実を見ます。

出る答えは分かり切っています。

100%優秀であり・能力は激高い。

選択肢はこれだけになるはずです。

では、ここにある要素を加えてみます。

するといきなり大きく判断・評価が変わるという
展開になります。

不思議です。

この人物は、オバマ元大統領です。

これで評価が激変します。

実際に、アメリカで取られたアンケートです。

オバマ元大統領は優秀・能力が高い人間かどうか。

優秀かどうかの基準を客観的なものさしで
述べて行くならば。

先ほど述べたように、どこをどう切り取っても優秀・能力は
劇的に高いという評価以外しようがないもののはず。

出身校
オクシデンタル大学
コロンビア大学
ハーバード大学
受賞      ノーベル平和賞(2009年12月)
教養学士(コロンビア大学)
法務博士(専門職)(ハーバード大学)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第44代大統領

ですが、アンケートの実態としては。

優秀と答える人と同じぐらいに。

無能で失敗した。

というような評価があるのです。

それだけ客観的な事実だけに基づいて評価をするわけ
ではなく、自分の偏った判断を入れて評価を下す
人が多数いるわけです。

続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-判断方法

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER