会話・言葉

話が苦手な男性が意識するべきこと。

話しが苦手だなぁと思う場合

この男性のタイプのひとつとして
真面目な人が多くなるんです

真面目な人って、この言葉は
言ってもいいのだろうか

言ってはいけないのだろうか

って良く考える

ので、そうすると
どうしてもテンポ良くは
話ができなくなるんです

じゃあテンポよく、どうしたら話せるのか

って言うと、この言葉を丁寧に選んでいく

っていう作業を「少し削る」ぐらいで
ちょうどいいんじゃないかな

ってことなんです

じゃあ何で言葉をちゃんと丁寧に選ぶのか

って言うと

真面目だからゆえに

ちゃんと自分の考えてることを
適切に相手に伝えたい

って考えるからです

真面目だから考えるんです

では実際に言葉ってちゃんと伝わるのか

って言ったら

これは自分が厳選して言葉を使っても
伝わらないことが多いんです

なんでかと言ったら

これは相手側が言葉を理解する能力に
ほとんど頼らなきゃいけないんです

なので相手側が適当に話を聞くタイプで

言葉を丁寧に使われたとしても
それを適切に処理できないタイプであれば

そもそも話は伝わらないんです

正しく話が理解される事もないです

お互いに言葉を交わしてても

その話全体には大切なキーワードや
理解しなければならない文脈がある
ものだとしたら

この文脈を読めない人って
物凄く多いんです

そしたらそこに使われてるキーワードも
全然違う解釈になるんです

丁寧に伝えようとする人はちゃんと
文脈から考えて、これでこの言葉を
使えば伝わるかなって考えて使うんです

ところが文脈を理解できない相手だったら
意味がなくなっちゃうんです

結果

単語で受け取られて
自分が意図していない伝わり方をして

あーこんなはずじゃなかったのに・・・

って思っちゃって

次からもっと言葉は選ぼう

と思うんですけど

それやってるとますますテンポが
遅くなっちゃうんです

そんな事を繰り返していくうちに
話すのがだんだん面倒になってきちゃって

話さない

という選択を取りやすくなる

でも人間同士は丁寧に会話をしても
正しくは伝わらない

かといって、

お互いに考えていることを
情報交換しない限り

もっとわからない

情報を交換しないと、もっと勝手に誤解されて
勝手な想像を相手が持つようになるので

相手に勝手に考えさせるぐらいだったら

こちらから積極的に情報を出してた方が良い

と考えるので、

少し言葉の考える回数や
精度を落として会話をするようにするといいです

ただし、これは丁寧に正確に話をしようと
するタイプ用の考えで

もともとめちゃくちゃ喋る人は
逆を行った方がいいです

ただただ喋ればいいって思ってると

そうすると言葉を選ばなすぎて
トラブルや勘違いが、より一層加速
してしまうので喋りすぎる場合は

少し会話の量
落とした方がいいです

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER