会話・言葉

女性と男性との会話、ここの「差」を理解しておく。/その2

特に中年の女性30代・40代以上になってくると
頭の中での会話スピードが早すぎちゃって。

早すぎるので、男性はむろんの事、他の世代の女性達も
その早さについていけなくなります。

実際にその世代の女性と関わることがある男性は
分かると思うのですが。

その女性が日頃、大切にしている分野での会話は
回転が早すぎて、ついていけなくなります。

例えば仕事の場面であったり人間関係であったり。

生活に密着していること。

その女性が日頃から大切にしている分野の話になると
同じレベルで話をして行くのはかなり難しいです。

一つの言葉を言っているようでいて。

そのバックヤードが、その言葉の中に含まれたり
しているので、そのバックヤードに含まれていることも
理解している、という前提で話を進められる事になります。


それで男性側は、言語化されているものについては

分かった

と言っても。

お互いに理解している頭にある情報量が全然違うんです。

女性側はその言葉に含められているバックヤードも
含めて理解したんだろうと思います。

なぜならば、自分自身であったり自分が関わってきた
同性の同世代の女性たちは、それで充分に
伝わっているからです 。

そういった状態である。

ということを、この世代の女性と関わっていく
最には考えた方がいいです。

なので男性でまだ若い世代は、この世代の女性と
関わることが怖いと思ってしまうんです。

特に立場の上の相手がこの世代の女性の場合。

男性側はとてもじゃないけれども、言っていることが
理解できなく。

求められている事には届く事が無い。

同じようなレベ処理の速度を求められると
苦痛になっちゃうんです。

何を求められているのかもわからないし。

自分でそのような処理ができるとも思えない。

なので、この世代の女性でキレキレの頭のタイプ

未熟な世代の男性との間には
果てしない会話能力の差があるものなんです。

女系家族の末っ子長男で生まれた男性は、
年上女性に対しての接し方が上手であったり

または、逆に絶望的にこの世代が苦手なのは

そういった環境下で対応をしていかなければ
ならなかった、そういった影響をモロに受けている
事があるんです。

ちなみにこの30代40代以上というのは、男性の場合
も同じなので、男性側も自分で発信していく時には

この世代に自分が該当している時には
気をつけた方がいいです。

年下であったり、かなり年齢が上の男性相手に
自分の思考ペースと同じペースで話をすると

同性の男性達も話についていけなくなります。

このように、女性とは特にですが男女共に
人間の生産性であったり、処理速度の最盛期に
なりがちな30~40代・場合によっては50代も含めて。

自分の話・思考はスピードが早すぎる可能性がある。

これを理解した上で、違う世代と話をするように
した方が良いです。

男性から見て、相手がその世代の女性の場合。。。

苦戦をする事は前提となりますが。

一旦ストップする系統の会話方式に
持って行くように、何かしらの対策が必要です。

一旦、女性の話の流れを止めるようにします。

そしてその間に話をまとめていきます。

少なくとも重要なポイントだけはピックアップします。

世代によって頭の中で処理されるスピードが違い。

言語化されてくるスピードも違う。

この傾向があることは知っておいた方が良いです。

自分が発信する側の時も注意ができますし。

自分がその世代から受け取る時も適切な聞き方が
できるようになるからです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER