会話・言葉

タイプによっての言葉の使い方

人間のタイプとしてどんどん新しいことを
やっていきたい
攻めて行くことが大好き

いわゆる冒険者

リスクも背負う

というタイプの人

今やっていることの精度を高めて
ミス少なくより質の高いものに
造り込んでいく

リスクは取らないで安全を取る

と考えるタイプがあります

この二人がいる場合

自分のタイプとは違うタイプの人に
興味を持たせたり
賛成してもらいたい場合は

言葉の使い方というのを変えることを
意識した方がいいです

そうすることで話が通じやすくなる
理解してもらいやすくなるからです

で、日本人の場合は後者の方が多いです

新しいことをやっていこうとすると

それにはリスクがあるから
リスクを犯すのは避けよう

みたいなことを言います

ちなみにこれは国によって違いがあります

不安といったものをあまり感じない
タイプの人が多く住む国

日本のように不安を強く感じる国

などのようにさまざま

さてト

話を戻して

前者の方はリスクを取って
どんどん進めようとします

当然ながらリスクを取り続ければ
いつか失敗します

なので本来は、このような二人
というのは一緒にやっていくことが
できればより良い形でまとまっていくんです

ただ自分の言葉の使い方を
前面に押し出していると

この二人は必ずトラブルを起こすのです

考え方が真逆だからです

その場合、片方の方がこの言葉の使い方を
理解できてると、うまくお互いに
譲り合ったり同じ方向性に向かって
動きやすくなるんです

例えば新しいことをやる場合

なぜやるのか

それはメリットに繋がる
利益に繋がるから

でもこれを後者の守りを考える人に言うと
受け入れられないんです

リスクが高いと考えるからです

でも、この言い方を変えるんです

今これをやっとくことで
今後降りかかってくる変化であったり
デメリットを回避する

守りの強化

につながる

という言い方にすると

もともと守りということに意識が強い人は
これは必要だな

とか受け入れてもらえたり
考え方が変わるんです

なので言葉というのは、その人のタイプ
によって少し形を変えるだけで
全然受け入れてくれる可能性が高まります

何か新しいチャレンジをしようとします

そのチャレンジの回数が5回だと
決まっているとします

このチャレンジの中で
3回成功させることが必要だとする

前者のタイプには

「5回中3回成功すればいいんだから楽勝だよ」

という言い方をするとやる気になるんです

一方後者の方は

「失敗を2回以内に抑えれば
これは問題がないんだ」

と言うとモチベーションが上がりやすくなるんです

タイプを見極めて言葉を使うっていうのは
このように使い分けると
パフォーマンスすらも変わるんです

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER