トラブル

怒りを感じた時に必ずやった方が良い事

人間同士の関係が決定的に
終わってしまう場面
として最も多いのが

お互いに怒りがマックスになって

それをぶつけ合った時が
その一つとなります

その時にはもう自分の怒りに任せて
相手を叩きのめすように言葉を
発信してしまいます

この時に、自分の中の考えとして
出てきてしまうのが

自分が100%正しくて
相手側が100%悪いんだ

という考え方です

これって言うのは対人関係で
自分の怒りがマックスになってしまって

怒りを言語化する時にこの考えに
陥ることが多いんです


相手を責める時っていうのは

必ず以下のことを念頭においてやるように
した方がいいです

例えば

自分の方が100%正しくて
相手が00%悪い

というような状況であったとしても

以下のようにして
やるようにしたほうがいいです

それは何か?

相手が悪いことをしたり
自分にとって何でこんなことするんだろう

というような時でも

相手側が100%これは悪いだろ

って思えるようなことでも

「ちゃんと理由を聞いてみる」

って事です

これは念頭に置くようにしたほうがいいです

なかなか難しいことで

怒りの感情が出ている場面で
これを冷静にやるって言うのは

出来たら素晴らしいです

私もできてるかって言われると
度々やっぱりミスるわけです

怒り優先にしてしまったり

自分が絶対に正しい

と思っちゃって

相手側を攻撃するような言葉を使って
しまったりするような時もあって

そういう時はだいたい後悔しちゃうんです

絶対に相手が悪いだろう

と思うような時でも

理由を聞くと、それなりにちゃんと
理由があるんです

そうすると、その後は100%の怒りでは
怒れなくなります

相手側の立場に立ったら
納得が、ある程度はできるような
理由が存在しちゃってるからなんですね

これが良くてちゃんと理由を聞いたら

自分の怒り100%では怒れなくなる

これがいいんです

なぜならばどのような環境でも
どんな場面でも

悪いことをやってるほうは
自分が100%悪いんだ

とは思っていない、ので

ちゃんと理由を聞く

そうするとやっぱり案の定
それなりの理由は存在する

これを踏まえた上でお互いに話をしていけば
一方が一方的に叩きのめす

って形にはならないんですね

そうすると相手側から恨まれるレベルでの
怒りを持たれるということも
少なくなりますし

トラブル自体が少なくなるわけです

どんな時もちゃんと理由を聞いてみるように
してみてください

そうすると自分が一方的に相手に対して
怒りを持って攻撃する

っていうのは基本的には無理なんだ

ってことがわかります

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-トラブル

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER