会話・言葉

話をしない方が良いタイプの会話とは何か

話をしている時に相手側に身構えさせて
しまったり

防御本能を働き出させてしまうことがあります

それはどういった会話かというと

相手が苦手意識を持っている事
コンプレックスに感じている事

っていうのは会話として出さない方がいいんです

それを会話として出してしまうと
相手側としては自分にとって苦手意識があるもの
であったりすると

身構えてしまうんです


その会話が続くと、今度は自分を守るために
防御本能が働き出す

それでもずっと、その会話を続けられると
今度は攻撃したくなってくるんです

もしくは、こういった違う反応がでてきます

そういった苦手・コンプレックスのある
種類の会話をずっとされると
どういった判断をし出すのかと言うと

この人と一緒にいると自分にとって
嫌なことがいっぱい出てくるから

その人とは関係や距離を置きたい

って思うようになるんです

つまり逃げようとするんです

なので、その人が苦手意識を持っている
分野の話っていうのは、しないに
越したことはないんです

なので話をしながら

この人はこの分野に苦手意識があるな
と思ったら、その会話は避ける

それ以外にも苦手意識だけじゃなく
その人はコンプレックスを感じて
しまってるってところの話っていうのは
より一層タブーになるんです

世の中でタブーとして多いのは
お金に関する事ってタブーが多いんです

お金をうまく稼げたりする人を攻撃する人って
多くて、なんで攻撃するのかって言うと

本人がそこに対して強いコンプレックスを
持ってるんです

なので例えばポンポンポンポン高級車を
買ってることを SNS なんかで

自慢されると自分のコンプレックスが
すごく刺激されて多くの人達が強く反発したり
攻撃したりするんです

例えば女性の場合は綺麗であることを
前面に押し出したり

綺麗だというだけで攻撃されたりするんです

それは多くの女性にとってみて
綺麗であるということは

自分に対しての脅威である

昔ながらの本能に刻まれた反応に
より近くなってしまうので

そうすると攻撃する度合いも強くなったりするんです

SNS でそれをやれば同性からは
攻撃や妬みの対象になり攻撃されやすくなる

というように自分に余計な摩擦を
起こさない方が良い場合は多くの人にとって
コンプレックスになる物ってのは
前面に出さない方が余計なことで
絡まれなくて済むわけです

一方

目立っていきたい場合は多くの人にとって
コンプレックスになるものでも
自分にとってみたら得意な分野であれば

ガシガシ全面に押し出すと反応が高くなります

その反応は良い反応もあれば
悪い反応も多くなる

という形になるわけです

身近な関係の場合はその人にとって見て
コンプレックスの話はしないに
越したことはないです

コンプレックスがある部分の会話をし続けると
関係が高確率で壊れてしまうからです

ずっと自分のコンプレックスに関わることを
やられると逃げたくなる

っていう選択をしたくなるのは当然なので

もしくは攻撃という形でケンカになる

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER