信頼・信用

親友がなぜ思春期に作られやすいのか

思春期に親友はできやすい。

私たちは大人になると思春期の時に
できたような親友であったり、
深く結ばれた友人関係というのが
作りづらくなります。

その理由の大きな一つを今日をお話ししていきます。

思春期の時というのは、
人生で初めて経験するような体験が数多く訪れます。

例えば初めて女性と付き合ったであったり、
初めてキスをしたであったり、

当然、初体験をしたりもそうです。

多くの苦悩を抱えて、自分だけでは抱えきれずに
人に話をする・・・

何か悪いことをしてしまって隠すことができなく、
人に話をする・・・

など様々な人生での初めての体験をする時期が
思春期です。

そういった初めての体験をした時に話ができる相手。

自分が体験したものを素直に全部話せる相手。

そういった相手ができた場合、相手側からも
強く信頼されるようになるんです。

人間関係の基本として、素直に自分の内側に
ある話をされると、その人を好きになるし、
信頼するようになる。

この仕組みが働くからです。

なので、思春期には親友という関係が
作られやすいんです。

大人になるとそこまで、素直に他人に
自分の話というのができなくなります。

防衛本能も働くようになりますし、
理性的な考えも強くなるので、
他人に対してそこまで自分の内側の話って
いうのはできなくなるんです。

良くも悪くも大人になると他人にそこまで
踏み込まない。

他人に対して興味をだんだん持たなくなっていく。

積極的に関わろうとは思わない。

話を聞く側もそのような考え方に
徐々になっていく。

よって話をする側もより踏み込んだ自分の話を
しようとはしませんし、多くの場合は話を聞く側も
そのような態度を取らずに、距離感のある話の
受け止め方をする傾向が強くなっていく。

よって思春期の時のような話の出し方。

思春期の時のような話の受け止め方が
お互いにできなくなる。

大人になって、あらゆることを体験してしまった。

というのも関係して、自分の中での秘密
というのもそんなに作られなくなってくるんです。

そもそも思春期の時のように、新しい出来事
というのも起きなくなる。

興味が持てる対象も少なくなっていきます。

ワクワクドキドキして話をすることも少なくなる。

そうなっていくのが自然の流れなので
必然的に思春期のような形での
親友の作られ方というのは、なくなっていくものです。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-信頼・信用

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER